スズキ、プラットフォーム統合で効率化を加速

2014.04.16 自動車ニュース
スズキの本田 治 副社長。

スズキ、プラットフォーム統合で効率化を加速

スズキは2014年4月16日、今後のプラットフォーム戦略の概要を発表した。

現在開発中の次世代プラットフォーム。

■プラットフォームの統合と部品のモジュール化を推進

現在スズキには、「アルト」や「ワゴンR」などに採用される軽自動車用、「ソリオ」などのAセグメント車用、「スイフト」などのBセグメント車用、「SX4」などのCセグメント車用の、全4種類のプラットフォームが存在している。

今後はこれらのプラットフォームを、軽自動車用、Aセグメント車用、Bセグメント車用の3種類に集約。Cセグメント車については、Bセグメント車用のプラットフォームをベースに開発を行う。

また、クルマを構成する機能部品のモジュール化も推進。サスペンションを4種類、空調システムを2種類、フロントシートフレームを3種類に統合するなどして、コストの低減や生産効率のさらなる改善を図るとしている。

現行車種に採用しているプラットフォーム。

■軽量化とボディー剛性の向上を両立

プラットフォームそのものの性能向上も図っており、主要構造や部品配置を全面的に刷新することで、衝突性能、車体剛性、NVH性能(制音・制振性能)の向上と軽量化を実現しているという。

具体的な方策としては、車体にかかる力を分散しやすいよう、プラットフォームの各部に屈折のないなめらかな形状を採用。鋼板を薄くし、一部の補強を省いても必要な強度を備えるものとした。また、これまでは分かれていた前後方向の骨格部を一本につなげることで、少ない部材で高いボディー剛性を確保。これらの変更により、新開発のプラットフォームは車両全体で約15%の軽量化を実現しつつ、曲げ剛性とねじり剛性がともに30%向上しているという。

(webCG)

→関連ニュース「スズキがこれからのパワーユニット戦略を発表」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。