ジャガーFタイプ S クーペ(FR/8AT)/Fタイプ R クーペ(FR/8AT)

ポルシェとも、メルセデスとも戦える 2014.04.29 試乗記 ジャガー久々の2シータースポーツモデル「Fタイプ」に、待望のクーペが登場。クローズドボディーによってその走りはどう変わったのか?

ジャガー悲願のピュアスポーツ

「Eタイプ」の販売終了から向こう30余年の間、ジャガーにおいて、スポーツカーは作られていなかった……と仮定されれば、異論を挟みたくなるのは僕だけではないだろう。「XJ220」のような特殊なモデルは別としても、「XJ-S」はTWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)の手によりイギリスのツーリングカー選手権を席巻した経緯がある。その後の「XK」にしても、素晴らしいコントロール性を備えたモデルであることは間違いない。

が、ジャガーにとって、それらはあくまで2+2のラグジュアリークーペという位置づけである。加えていえば、2シーターのピュアスポーツモデルをラインナップに加えることは、自らをスポーツカーブランドだと信じる彼らにとっての悲願だったのかもしれない。そう考えてみるとFタイプの位置付け、そして性質がよくわかる。すなわち、実用性を犠牲にしてでもベストのディメンションとデザインを優先すると。ユーザー側としてはその潔さが敷居の高さとなっているのも事実だ。

と、それはコンバーチブルの話。間もなく日本にも導入される「Fタイプ クーペ」はハッチゲートを備えたファストバックスタイルを利して、後部に400リッター余りの荷室容量を備えるに至った。コンバーチブルがそうであるように、こちらもデザイン的にはEタイプのフィクストヘッドクーペの韻を踏むこともあってその開口部は狭く、荷室形状もスクエアというわけにはいかないが、一般的なスーツケースは無論、ゴルフバッグも形状を選べば収まりそうな積載力を手に入れたことで、そのユーザビリティーは一気に高まったといえるだろう。

「ジャガーFタイプ クーペ」は2013年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開。日本では同年の東京モーターショーでお披露目となり、2014年1月に受注を開始した。
「ジャガーFタイプ クーペ」は2013年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開。日本では同年の東京モーターショーでお披露目となり、2014年1月に受注を開始した。
コンバーチブルよりおよそ半年遅れで日本に導入されることとなった「Fタイプ クーペ」。なお、同車のコンセプトモデル「C-X16」はクーペボディーだった。
コンバーチブルよりおよそ半年遅れで日本に導入されることとなった「Fタイプ クーペ」。なお、同車のコンセプトモデル「C-X16」はクーペボディーだった。
インテリアのデザインは基本的に「コンバーチブル」と共通。インストゥルメントパネルには8インチのタッチスクリーンを装備しており、「Fタイプ R クーペ」では、ここで「ダイナミックモード」の選択が可能となっている。
インテリアのデザインは基本的に「コンバーチブル」と共通。インストゥルメントパネルには8インチのタッチスクリーンを装備しており、「Fタイプ R クーペ」では、ここで「ダイナミックモード」の選択が可能となっている。
「コンバーチブル」より大幅に実用性を増したラゲッジルーム。なお、テールゲートは「Eタイプ」のクーペが横開きだったのに対し、こちらは一般的な縦開きとなる。
「コンバーチブル」より大幅に実用性を増したラゲッジルーム。なお、テールゲートは「Eタイプ」のクーペが横開きだったのに対し、こちらは一般的な縦開きとなる。
関連記事 ホームへ戻る