第237回:東京〜神戸530km
「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦

2014.04.18 エディターから一言
東京港区の芝公園から神戸を目指す。
東京港区の芝公園から神戸を目指す。 拡大

2014年3月に行われた、メディア対抗の「VOLVO NEW DRIVE-E パワートレイン エコドライブチャレンジ 2014」に『webCG』も参加した。

車載燃費計の数字をリセットしてスタート。
車載燃費計の数字をリセットしてスタート。 拡大
「エコプラスモード」の設定を忘れないように!
「エコプラスモード」の設定を忘れないように! 拡大
いよいよ神戸へ向けてエコランがスタート。
いよいよ神戸へ向けてエコランがスタート。 拡大

「Drive-E」のエコ性能を体験

せっかく、新型2リッター直4ターボエンジン搭載の「XC60 T5 SE」を、東京から神戸までという長距離で味見できるのだから、オイシイところを思う存分堪能したいところだが、今回はエコランということで、当然ながら燃費を意識して走らなければならない。
アクセルペダルの上の右足に、自由に力を込めることが許されないおよそ530kmのドライブは、かなりの我慢が強いられるものになるのではないかと予想していたが、その覚悟はいい意味で裏切られた。

ボルボご自慢の新世代パワートレイン「Drive-E」は、ボルボ自らが開発しスウェーデンのシュブデにある工場で生産される2リッター直4直噴ターボの「T5エンジン」に、こちらも新開発となる8段ATが組み合わされる。
新型T5エンジンは、最高出力245ps、最大トルク35.7kgmを発生し、従来型より5psと3kgmアップしながら、燃費性能はJC08モードで23%改善の13.6km/リッターを達成している。これによって、XC60のT5モデルはボルボで初めてエコカー減税の100%減税対象車となった。「パワーがアップして燃費も向上したXC60で、ぜひエコドライビングを楽しんでください」というのが今回の企画を主催するボルボ・カー・ジャパンの狙いである。

朝7時30分に東京タワー近くにあるボルボ・カー・ジャパンの本社を出発し、一路神戸空港を目指した。参加したのは自動車メディアを中心とした12媒体で、往路と復路でそれぞれ6媒体ずつが記録に挑戦する。
『webCG』からは工藤と、高橋カメラマンが参戦することとなった。『webCG』チームは往路の参戦で、復路組は翌日の朝に神戸空港から東京へと戻ってくる。

復路は都内の渋滞に見舞われてからのゴールになるはずなので、往路チームの方が有利では? との予想で往路組を選んだのだが、果たしてそれが吉と出るか凶と出るか……。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る