クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック(FF/6AT)

見ても乗ってもカジュアル 2014.04.24 試乗記 ボルボのクロスオーバーモデル「V40クロスカントリー」に、高効率エンジンを搭載するFF車が新登場。試乗を通じてわかった、その見どころを報告する。

最新ボルボの立派な数字

ボルボのセールスが好調だ。2013年度はトータルで前年比3割増しの1万8223台を売り、輸入車ブランド別ランキングでアウディに次ぐ6位につけた。続く7位はMINI(1万7163台)。都内じゃ頻繁に見かけるようになったMINIより、ボルボは売れているのである。

販売台数急伸の原因は「V40」シリーズ。今までありそうでなかったガチンコ・「ゴルフ」クラスの5ドアコンパクトボルボである。昨年2月の導入以来、大ヒットして、2013年度は1万294台を記録、いきなりボルボの稼ぎ頭になった。

V40には、ノーマルの1.6リッター4気筒FF、2リッター5気筒4WDの「クロスカントリー」、同じエンジンを積むFFの「R-DESIGN」という3タイプがある。発売以来、V40セールスの約2割を占めていたというクロスカントリーに1.6リッターのFFモデルが出た、というのが今回のニュースである。

限定200台で販売される「T4 ノルディック」のエンジンは、ノーマルと同じ180psの直噴4気筒ターボ。ノルディックといえば、ボルボ・カー・ジャパンが以前から使ってきた廉価モデルの名だが、380万円の価格は4WDのクロスカントリーより5000円高い。その代わり、カーナビや電動調節シート(前2席)が標準装備。JC08モード燃費は2リッター4WDの12.4km/リッターから16.2km/リッターに向上し、クロスカントリー初のエコカー減税(約12万6000円分)もゲットしている。

今回のテスト車「T4 ノルディック」は、200台限りの特別限定車。カタログモデルの「T5 AWD」(2リッター/4WD)よりも小さな1.6リッターエンジンを搭載する。駆動方式はFFとなる。
今回のテスト車「T4 ノルディック」は、200台限りの特別限定車。カタログモデルの「T5 AWD」(2リッター/4WD)よりも小さな1.6リッターエンジンを搭載する。駆動方式はFFとなる。 拡大
インテリアのデザインは、ノーマルの「V40」と共通のもの。シックなチャコールの配色でまとめられる。
インテリアのデザインは、ノーマルの「V40」と共通のもの。シックなチャコールの配色でまとめられる。 拡大
メーターパネル。「Elegance」「ECO」「Performance」(写真)の走行モードにあわせて、色調と表示内容が変化する。
メーターパネル。「Elegance」「ECO」「Performance」(写真)の走行モードにあわせて、色調と表示内容が変化する。 拡大
 
ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

ポイントは「軽さ」

今回は90分という限られた試乗時間で、高速道路も走っていない。その短い経験でいうと、これまでのクロスカントリー“T5 AWD”と比べて軽快感が増したのがT4 ノルディックの印象である。

パワーは5気筒の2リッターターボより33psドロップしたが、それでも1.6リッターターボは180psある。しかも車重は140kg軽い。アクセルを深く踏み込んだときの力強さはT5 AWDにかなわないものの、よりカルく走るカジュアル感がT4 ノルディックの身上だ。

ボルボには5気筒エンジンや4WDがあるので紛らわしいが、ちなみにT4、T5といったグレード名の数字は、気筒数や駆動輪の数ではなく50ps刻みの最高出力を表している。すなわち、150~199psならT4、200~249psならT5である。

ホイールの径はT5 AWDと同じ17インチだが、優に大人ふたり分軽いボディーのせいか、乗り心地もかろやかだ。車検証の前後軸重を見ると、T4 ノルディックは横置き5気筒のT5 AWDよりフロント軸重が100kg軽い。ノーズの軽さをはじめ、身のこなしがより軽快に感じられたことも納得がいく。

145mmの最低地上高はAWDと同じ。もともとクロスカントリーはヘビーデューティーなオフローダーではない。悪路踏破性能の基本ともいえるロードクリアランスもノーマルV40と比べて1cm高いだけである。その意味で、クロスカントリーのFFモデルは最初からあってよかった品ぞろえといえるかもしれない。

 
ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
180psと24.5kgmを発生する、1.6リッター直4ターボエンジン。燃費はノーマル「V40」の「T4」と同じ、16.2km/リッター(JC08モード)を記録する。
180psと24.5kgmを発生する、1.6リッター直4ターボエンジン。燃費はノーマル「V40」の「T4」と同じ、16.2km/リッター(JC08モード)を記録する。 拡大
足元は“Larenta”と呼ばれる17インチのアルミホイールで飾られる。シルバーのカラーリングは、カタログモデル「T5 AWD」(ダークシルバー)との相違点。
足元は“Larenta”と呼ばれる17インチのアルミホイールで飾られる。シルバーのカラーリングは、カタログモデル「T5 AWD」(ダークシルバー)との相違点。 拡大
リアエンドには、「CROSS COUNTRY」のロゴ入りスキッドプレートが添えられる。
リアエンドには、「CROSS COUNTRY」のロゴ入りスキッドプレートが添えられる。 拡大

「ゴルフ」以外のベストチョイス

室内では、クリーンで乾いた質感のファブリックシートと、銅の色をしたセンタースタックが目を引く。T5 AWDは乗り込むとゴルフよりひとクラス高級なクルマに見えるが、T4 ノルディックはインテリアもカジュアルだ。

安全装備はこれまでどおりで、「ぶつからないクルマ」を目指した“ヒューマンセーフティ”は、新たにサイクリスト検知機能を備えた最新バージョンだ。地上高90cm以上の位置に反射板を付けた自転車ならヒューマンセーフティの追突防止機構が働く。
T4 ノルディックには設定がないが、V40シリーズから導入された歩行者エアバッグも、そこまでやるか!? のセーフティーデバイスである。人との衝突を感知すると、アルミボンネットの後端を瞬間的に開いて、フロントウィンドウ周辺にエアバッグを展開する。“ぶつからないクルマ”だけでなく、ボルボは“ぶつかっても痛くないクルマ”も目指している。

というのは冗談だが、まじめな話、東京オリンピックが開かれる6年後に向けて、ボルボは「ビジョン2020」という目標を掲げている。この年までに新車のボルボでの死亡・重傷事故をゼロにするという大胆な行動プログラムである。つまり、ぶつかっても、ぶつけられても「ウチのクルマじゃ、死なせません」ということ。現在進行形で盛り込まれている安全対策は、その目標に向けての具体策なのである。

個人の感想だが、V40シリーズは「ゴルフじゃない選択」のベストだと思う。ゴルフのようにパーフェクトではないが、そのかわりゴルフよりイケメンで、潤いがある。

1.6リッターFF版クロスカントリーであるこのT4 ノルディックが、じゃあ、同じエンジン+駆動系のノーマルV40(297万2571円~338万4000円)とどれくらい違うのか。短時間の試乗経験では、それほどの差はないと感じたのが正直なところだが、SUV風味をきかせたクロスカントリーのスタイリングが好きだという人は多いだろう。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)

「T-tec」とファブリック、2つの素材が表皮に用いられるコンビシート。カラーは写真のチャコールのみとなる。
「T-tec」とファブリック、2つの素材が表皮に用いられるコンビシート。カラーは写真のチャコールのみとなる。 拡大
センターコンソールには、赤銅色の「カッパードーンアルミニウムパネル」が与えられる。
センターコンソールには、赤銅色の「カッパードーンアルミニウムパネル」が与えられる。 拡大
背面下端のロックを解除した助手席は、写真の状態にまで前屈できるようになる。これにより、助手席を含めた多彩なシートアレンジが可能となる。
背面下端のロックを解除した助手席は、写真の状態にまで前屈できるようになる。これにより、助手席を含めた多彩なシートアレンジが可能となる。 拡大
荷室の様子。後席は6:4の分割可倒式で、倒せば、より広い収納スペースが得られる。フロアは二重底になっており、必要時に高さを稼ぐことができる。(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)
荷室の様子。後席は6:4の分割可倒式で、倒せば、より広い収納スペースが得られる。フロアは二重底になっており、必要時に高さを稼ぐことができる。(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます) 拡大
 
ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1800×1470mm
ホイールベース:2645mm
車重:1440kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:180ps(132kW)/5700rpm
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1600-5000rpm
タイヤ:(前)225/50R17 94V/(後)225/50R17 94V(ミシュラン・プライマシー)
燃費:16.2km/リッター(JC08モード)
価格:380万円/テスト車=392万7858円
オプション装備:ボディーカラー<クリスタルホワイトパール>(10万2858円)/ETC車載器(2万5000円)
※価格はいずれも8%の消費税を含む。

テスト車の年式:2014年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック
ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック 拡大
カーブにあわせてライトの向きを調節してくれるヘッドランプのアクティブベンディング機能に加えて、ハイビーム/ロービームを自動的に切り替える「アクティブハイビーム」も、標準で与えられる。
カーブにあわせてライトの向きを調節してくれるヘッドランプのアクティブベンディング機能に加えて、ハイビーム/ロービームを自動的に切り替える「アクティブハイビーム」も、標準で与えられる。 拡大
リアシート。中央席には、格納式のヘッドレストとカップホルダー(座面前端)が備わる。
リアシート。中央席には、格納式のヘッドレストとカップホルダー(座面前端)が備わる。 拡大
荷室のフロアパネルは、写真のように〝山折り”にできる。荷室内で、さほど大きくない荷物を安定させるための配慮である。
荷室のフロアパネルは、写真のように〝山折り”にできる。荷室内で、さほど大きくない荷物を安定させるための配慮である。 拡大
撮影協力:ブリストルヒル ゴルフクラブ
撮影協力:ブリストルヒル ゴルフクラブ 拡大