ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック(FF/6AT)

見ても乗ってもカジュアル 2014.04.24 試乗記 ボルボのクロスオーバーモデル「V40クロスカントリー」に、高効率エンジンを搭載するFF車が新登場。試乗を通じてわかった、その見どころを報告する。

最新ボルボの立派な数字

ボルボのセールスが好調だ。2013年度はトータルで前年比3割増しの1万8223台を売り、輸入車ブランド別ランキングでアウディに次ぐ6位につけた。続く7位はMINI(1万7163台)。都内じゃ頻繁に見かけるようになったMINIより、ボルボは売れているのである。

販売台数急伸の原因は「V40」シリーズ。今までありそうでなかったガチンコ・「ゴルフ」クラスの5ドアコンパクトボルボである。昨年2月の導入以来、大ヒットして、2013年度は1万294台を記録、いきなりボルボの稼ぎ頭になった。

V40には、ノーマルの1.6リッター4気筒FF、2リッター5気筒4WDの「クロスカントリー」、同じエンジンを積むFFの「R-DESIGN」という3タイプがある。発売以来、V40セールスの約2割を占めていたというクロスカントリーに1.6リッターのFFモデルが出た、というのが今回のニュースである。

限定200台で販売される「T4 ノルディック」のエンジンは、ノーマルと同じ180psの直噴4気筒ターボ。ノルディックといえば、ボルボ・カー・ジャパンが以前から使ってきた廉価モデルの名だが、380万円の価格は4WDのクロスカントリーより5000円高い。その代わり、カーナビや電動調節シート(前2席)が標準装備。JC08モード燃費は2リッター4WDの12.4km/リッターから16.2km/リッターに向上し、クロスカントリー初のエコカー減税(約12万6000円分)もゲットしている。

今回のテスト車「T4 ノルディック」は、200台限りの特別限定車。カタログモデルの「T5 AWD」(2リッター/4WD)よりも小さな1.6リッターエンジンを搭載する。駆動方式はFFとなる。
今回のテスト車「T4 ノルディック」は、200台限りの特別限定車。カタログモデルの「T5 AWD」(2リッター/4WD)よりも小さな1.6リッターエンジンを搭載する。駆動方式はFFとなる。
インテリアのデザインは、ノーマルの「V40」と共通のもの。シックなチャコールの配色でまとめられる。
インテリアのデザインは、ノーマルの「V40」と共通のもの。シックなチャコールの配色でまとめられる。
メーターパネル。「Elegance」「ECO」「Performance」(写真)の走行モードにあわせて、色調と表示内容が変化する。
メーターパネル。「Elegance」「ECO」「Performance」(写真)の走行モードにあわせて、色調と表示内容が変化する。
 
ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40クロスカントリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る