トヨタが「ヴィッツ」に新エンジンを搭載

2014.04.21 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」

トヨタが「ヴィッツ」に新エンジンを搭載

トヨタ自動車は2014年4月21日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

新開発の1.3リッター直4エンジン。
新開発の1.3リッター直4エンジン。
「ヴィッツ1.5RS」
「ヴィッツ1.5RS」
「1.3F」のインテリア。
「1.3F」のインテリア。
助手席側のアッパーボックス。
助手席側のアッパーボックス。
アイドリングストップ機構搭載車では、メーターにTFTマルチインフォメーションディスプレイを採用。
アイドリングストップ機構搭載車では、メーターにTFTマルチインフォメーションディスプレイを採用。

■新エンジン搭載で燃費25.0km/リッターを実現

今回のマイナーチェンジでは、アトキンソンサイクルやクールドEGR(排気再循環機構)、電動可変バルブタイミング機構「VVT-iE」などを採用した新開発の1.3リッターエンジンを搭載。同エンジンを搭載したFF車にはアイドリングストップ機構を標準装備とした。これにより、1.3リッターのFF車は従来モデルよりJC08モード燃費が3.2km/リッター向上し、25.0km/リッターとなった。
1リッター車、1.5リッター車についても、燃焼改善の実施などによって燃費性能の向上をはかっている。

また運動性能の向上に向けては、ボディー剛性を高めるスポット溶接の増し打ちや、床下の補強材の大型化、ショックアブソーバーの改良などを実施。吸・遮音材や制振材を追加することで、静粛性も向上させている。

内外装のデザインも変更しており、エクステリアではロワグリルを拡大し、アッパーグリルとヘッドランプをV字につないだ新しい意匠のフロントマスクを採用。リアコンビネーションランプやホイールのデザインも変更となったほか、フロントバンパーやリアガーニッシュの形状も、より踏ん張り感やワイド感を強調したものとなった。また、スポーティーグレードの「RS」には新たに大開口メッシュロワグリルを採用した。
ボディーカラーは全17色の設定で、このうち新規開発色の「ルミナスイエロー」を含む7色が新色となっている。

一方インテリアでは、ダッシュボードやインストゥルメントパネルの形状を変更。グレードに合わせてシボやフィルム加飾を施すとともに、運転席まわりにはメッキやシルバー加飾を取り入れている。インテリアカラーも一新しており、「ジュエラ」にバーガンディーを、「RS」にストライプを施したブラックを新たに採用した。

インテリアでは機能性や利便性の向上もはかっており、助手席側のダッシュボードには、トレイの位置を3段階で調整できる大容量のアッパーボックスを設置。運転席まわりにはコインポケット(スマートエントリー&スタートシステム非装着車のみ)やカードホルダーを、後席にはリアルームランプを追加した。

快適性に関しては、全車でフロントドアガラスをスーパーUVカット・IRカット機能付きとしたほか、ジュエラの1.3リッター車と「U」にはナノイー発生器を装備。Uの快適温熱シートには運転席アームレストも採用している。

このほかの新装備としては、アイドリングストップ機構搭載車のメーターに、燃費や航続可能距離といった各種情報を表示するTFTマルチインフォメーションディスプレイを搭載。エコドライブを100点満点で評価する採点機能も備わっている。また、全車にVSC(横滑り防止装置)&TRC(トラクションコントロール)や緊急ブレーキシグナルを採用するなど、安全装備も強化した。

価格は115万5600円~199万4073円。

「ヴィッツRS“G’s”」
「ヴィッツRS“G’s”」

■“G’s”は運動性能をさらに向上

なお、ベースモデルの改良に伴いスポーツコンバージョン車の「ヴィッツRS“G’s”」にもマイナーチェンジを実施。センタートンネルブレース(補強材)の改良やリアフロアへのブレースの追加により、さらにボディー剛性を高めている。また、専用チューニングを施した前後サスペンションとEPSの採用により、優れた走行性能を実現しているという。

内外装のデザインについては、エクステリアではヘッドランプやグリルの加飾を変更したほか、新デザインのアルミホイールを装着。インテリアでは、インストゥルメントパネルやシフトレバーベゼルにカーボンパターン加飾を採用するとともに、質感とホールド性を向上させるため、シートの形状と表皮を変更している。

価格は204万4145円~214万7237円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る