第344回:日産ギャラリーに通い詰めた、あの頃 ー 大矢アキオの銀座放浪記

2014.04.25 エッセイ

日産銀座ギャラリーが消えていた!

北京モーターショー2014の前に、東京に立ち寄ってみた。
以前から執筆している機内誌の編集部にあいさつに行くと、同じフロアで客室乗務員の入社説明会が行われていた。ああ、そうか4月は新年度がスタートする時期か。思えば、この時期あまり日本に来ることがなかった。
ビルの入退場用自動ゲートの列に並んでいると、先にいた女子学生が「こちらがすいております」と案内してくれた。早くも気分はCAになりきっていて、ほほ笑ましかった。

閑話休題。東京メトロ銀座線の銀座駅で降りると、なにやらムードが違う。よく見ると、サッポロ銀座ビルに直結している、ビヤホール「銀座ライオン」の地下連絡口のシャッターが閉まっているではないか。2014年3月末をもって閉鎖されたという。もしやと思って地上に上がると、1階の日産ギャラリーも閉鎖されていた。

ギャラリーの入り口に貼られていた説明を概説すると、日産銀座ギャラリーは1963年のオープン以来、51年間続いていた、と記されていた。
「なんだよ、旧銀座本社ギャラリーに次いで、4丁目ギャラリーも閉鎖か」と思って読み進むと、2016年初夏の新ビル開業にあわせて、生まれ変わるという。あと2年ちょっとで、市街地に新しいビルが建つとは。
いまだに2015年ミラノ万博の工事が間に合うかわからないイタリアでは到底考えられないハイスピード工期である。

ボクにとって日産銀座ギャラリーは思い出深い。
1970年代末、中学生になって、一人で遠くまで外出が許されるようになると、クルマを見るべく、郊外の自宅からたびたび銀座4丁目までやってきたからだ。新型車の展示が、地元ディーラーよりも早かったからである。

銀座ギャラリーはモダンに改装される前、入り口を入ってすぐ左側に狭いらせん階段があって、なんと2階にもクルマが展示されていた。どうやって入れ替えているのか? と、あるときミス・フェアレディさんに聞いてみると、表のガラスがスライド式になっていて、機器を使ってクルマを持ち上げて入れ替えていると教えてくれた。

ボクがおやじ顔だったからか、それとも将来のお客と見込んでいたのかは知らぬが、ミス・フェアレディのお姉さんたちは、免許取得年齢に達していないボクにも、「レパード」や3代目「シルビア」、「ガゼール」など、さまざまなカタログを提供してくれた。
当時の日産の低公害エンジン「NAPS(ナップス)」などの新技術も理解するべく、資料を集めた。晴海の東京モーターショーの帰りに、興奮覚めやらず寄ったこともある。まさに酒飲みの“はしご”のごとくだ。

こんなこともあった。ある日、彼女たちがデスクの裏で、来館者に渡したカタログの数を紙にカウントしているのを発見した。そのメモの中に「輸出仕様」と手書きしてあるのをめざとく発見したボクは翌月、「輸出仕様のカタログをください」と勇気をもってお願いしてみた。すると、カウンターにいたミス・フェアレディさんは「どの車種ですか」と聞くので、とっさに「『ブルーバード』と『スカイライン』を」とお願いすると、本当に輸出仕様のカタログをくれた。なんという温かい対応。そのときボクは、将来一生日産車に乗り続けてもいい、と思ったものだ。
ただそれを実現していない今、東京モーターショーでミス・フェアレディさんたちを見るたび心が痛む。

2014年4月のある日、銀座4丁目付近にて。手前は偶然止まっていた2代目「日産プレジデント」。
地下鉄銀座線を降りてみると、銀座4丁目にあるライオン銀座ビル直結の入り口のシャッターが閉まっていた。
銀座4丁目のライオン銀座ビルは、立て替え工事のため2014年3月31日をもって閉鎖されていた。
1階の日産ギャラリーもすでに休業。バッジや社名が取り外された跡が残る。
日産銀座ギャラリー休業を示す説明。解体・新築工事が難しそうな超繁華街で、あと2年ちょっとで新ビル完成とは。イタリアでは考えられない早業である。
銀座4丁目にある三愛ドリームセンター。かつて見たことがある日産自動車の歴史資料によると、サッポロ銀座ビルに移る前夜、日産ギャラリーは向かいの銀座三愛ビル1階にあった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。