キャデラックCTSエレガンス(FR/6AT)

もはやフォロワーではない 2014.04.25 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックのEセグメントモデル「CTS」がフルモデルチェンジ。強力なライバルに勝負を挑む、3代目の実力に触れた。

ドイツ御三家と真っ向勝負

1999年に登場したコンセプトカー「エボーク」以来、その先鋭性を「アート&サイエンス」と表し、デザインの改革に取り組んできたキャデラック。CTSはそのフィロソフィーを最初にくんだモデルとして2003年にデビューした。
初代、そして先代の市場的なポジションは、DセグメントとEセグメントの中間的な車格を、Dセグメント側に近い価格で供するというもの。つまり、ドイツのプレミアムブランドとは微妙に一線を画していたと見て取れる。

が、昨年Dセグメントど真ん中の「ATS」を投入したことで彼らの戦略は明確になった。すなわちドイツ勢のフォーマットにそろえることで、本国以外のマーケットでも彼らと同じ俎上(そじょう)に乗っていくということだ。その戦略に沿って、3代目となる新型CTSはサイズを若干拡大し、「メルセデス・ベンツEクラス」「BMW 5シリーズ」そして「アウディA6」と完全に肩を並べることになった。とあらば、その上、「メルセデス・ベンツSクラス」が牛耳るLセグメントへの参入も当然視野に……というのはいささか早計な話だろうか。

3代目となる新型「キャデラックCTS」は2013年3月のニューヨーク国際オートショーで世界初公開された。日本では2013年12月に発表され、2014年4月に発売されている。
3代目となる新型「キャデラックCTS」は2013年3月のニューヨーク国際オートショーで世界初公開された。日本では2013年12月に発表され、2014年4月に発売されている。
内装色は黒が基本。上級グレード「エレガンス」でボディーカラーに「ブラックダイヤモンド」を選んだ場合のみ、赤と黒のツートンカラーとなる。
内装色は黒が基本。上級グレード「エレガンス」でボディーカラーに「ブラックダイヤモンド」を選んだ場合のみ、赤と黒のツートンカラーとなる。
車体色は写真の「ブラックダイヤモンド」のほか、「ホワイトダイヤモンド」「レッドオブセッション」「ラジアントシルバー」「セーブルブラック」の5色が用意される。
車体色は写真の「ブラックダイヤモンド」のほか、「ホワイトダイヤモンド」「レッドオブセッション」「ラジアントシルバー」「セーブルブラック」の5色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る