「スバルBRZ」一部改良、乗り心地の質感を向上

2014.04.23 自動車ニュース
「スバルBRZ S」
「スバルBRZ S」 拡大

「スバルBRZ」一部改良、乗り心地の質感を向上

富士重工業は2014年4月22日、「スバルBRZ」に一部改良を実施し、同年6月27日に発売すると発表した。

今回の改良では、乗り心地の質感向上を目的に、フロントおよびリアのサスペンションダンパーのフリクション特性や減衰力特性を変更した。

また外装については、シャークフィンタイプのルーフアンテナを装備したほか、新色「WRブルー・パール」を含む3色のボディーカラーを新採用。
内装では、最上級グレード「S」にカーボン調デザインを施したインストゥルメントパネルや新デザインのアクセスキーを採用した。

グレードごとの価格は以下の通り。
・RA(6MT):212万7600円
・RA Racing(6MT):296万280円
・R(6MT):255万9600円
・R(6AT):262万9800円
・S(6MT):289万4400円
・S(6AT):297万5400円
※8%の消費税を含む

(webCG)

関連キーワード:
BRZスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る