光岡×三越がコラボした、ビュート ミヤビ発売

2014.04.23 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ミヤビ」
「ミツオカ・ビュート ミヤビ」

光岡×三越がコラボした「ミツオカ・ビュート ミヤビ」発売

光岡自動車は、特別限定車「ビュート ミヤビ」を2014年4月25日に発売する。

 

フロントグリルの上部には、京都オパールを使用したブルーの専用エンブレムが添えられる。
フロントグリルの上部には、京都オパールを使用したブルーの専用エンブレムが添えられる。
ハーベストと呼ばれるカラーリングの「カレドニアンレザー」を用いたインテリア。
ハーベストと呼ばれるカラーリングの「カレドニアンレザー」を用いたインテリア。
Cピラー部の専用エンブレム(京都オパール)。
Cピラー部の専用エンブレム(京都オパール)。
リアビュー。後席のカーテンは特別装備に含まれる。
リアビュー。後席のカーテンは特別装備に含まれる。
こちらは、日本橋三越本店7階「Hajimarino cafe」内に設けられた、ミツオカ関連の展示ブース。同社のクルマ作りに対するこだわりに触れられるという。(展示期間:2014年4月23日~同年5月6日)
こちらは、日本橋三越本店7階「Hajimarino cafe」内に設けられた、ミツオカ関連の展示ブース。同社のクルマ作りに対するこだわりに触れられるという。(展示期間:2014年4月23日~同年5月6日)

「ミツオカ・ビュート ミヤビ」は、東京・日本橋にある三越本店とのコラボレーションにより生まれた特別仕様車だ。
これに先がけ日本橋三越本店は、カフェを中心とした、こだわりのモノ・コトを提案する複合型ショップ「Hajimarino cafe」を2014年3月26日にオープン。今回のビュート ミヤビは、その一環として、“大量生産車ではないクルマとの出会いを提案するオリジナルカー“というふれこみで企画・販売されるものである。

主な特別装備は、以下のとおり。

・ボディーカラー(クリーミーホワイト)
・専用グリルバッジ(京都オパール)
・専用Cピラーエンブレム(京都オパール)
・専用トランクエンブレム
・15インチアルミホイール
・専用デザインのインストゥルメントパネル(京都オパール+ブロンズライン)
・専用カレドニアンレザーシート(ハーベスト×オフホワイトパイピング)
・専用クラシックセンターコンソール(ハーベスト)
・専用クラシックドアトリム(ハーベスト)
・専用カレドニアンレザー巻きステアリングホイール(ハーベスト×エメラルドステッチ)
・専用ホワイトパーセルボード
・リアカーテン
・専用キーチャームセット

ラインナップは、1.2リッターエンジンにCVTを組み合わせる、FF車と4WD車の2タイプ。計20台が販売される。8%の消費税を含む価格は、FF車が397万4400円で、4WD車が413万1000円。

(webCG 関)

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【レビュー】 2017.11.21 試乗記