日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)

自動運転時代への架け橋 2014.05.06 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。

歴史に名を残す

50年後か100年後に『自動車の歴史』が編纂(へんさん)される機会があれば、新型日産スカイラインの名前がどこかのページに記されるのは間違いないだろう。なぜなら、ハンドル操作を電気信号に変換してタイヤの向きを変えるステアリング・バイ・ワイヤ技術(日産はダイレクトアダプティブステアリング=DASと呼ぶ)を初めて搭載した市販車であるからだ。
ちなみに、ステアリング・バイ・ワイヤはすでに飛行機には採用されている技術だ。

いままでのクルマは、ハンドルを回すとステアリングシャフトと呼ばれる軸が回転することで、ドライバーの意思を機械的に伝えていた。日産スカイラインも万が一の時のためにステアリングシャフトが残されているけれど、通常の走行状態ではステアリングシャフトはクラッチで切り離され、電気信号で方向を決めることになる。

つまり日産スカイラインのハンドルは、乱暴に言えばゲーム機のコントローラーと同じ仕組み。ハンドルも丸い形状のものがあの位置にある必要はなくなって、ジョイスティックでもよくなる。
この技術は将来のクルマの自動運転化にも大きな影響を与えるだろうし、ステアリングシャフトがなくなればクルマの形ははるかに自由になる。

といった具合に、DASは実に興味深い技術であり、それを搭載する新型スカイラインに乗るのは楽しみだった。
ここで走りだす前に、新型スカイラインの概要をさらっとおさらいしておきたい。

日本国内では、2014年2月末に発売された13代目「スカイライン」。今回は、その最上級グレードに試乗した。
日本国内では、2014年2月末に発売された13代目「スカイライン」。今回は、その最上級グレードに試乗した。
“囲まれ感”を演出したという運転席まわり。一方、助手席側のデザインは“解放感”がテーマとなっている。
“囲まれ感”を演出したという運転席まわり。一方、助手席側のデザインは“解放感”がテーマとなっている。
2眼式のアナログメーターは、左がエンジン回転計、右が速度計になっている。中央の液晶画面には、各種の車両情報や安全装備の警告などが表示される。
2眼式のアナログメーターは、左がエンジン回転計、右が速度計になっている。中央の液晶画面には、各種の車両情報や安全装備の警告などが表示される。

日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る