第238回:愛されて50年!
「フォード・マスタング」の熱い人気に触れる

2014.04.24 エッセイ

その歴史、実に半世紀

「フォード・マスタング」がこの世に誕生したのは、今からちょうど50年前の1964年4月17日、ニューヨーク・ワールドフェア(万国博覧会)でのことだった。考えてみれば、半世紀の歴史を誇るクルマなどそうざらにあるわけではない。今回のマスタングを除けば、アメリカ車で50周年を祝ったのは恐らく「シボレー・コルベット」だけだろう。2年後には「シボレー・カマロ」も50周年を迎えるが、果たして彼らはそれを祝えるのか……。なぜならカマロには、7年にわたり生産が止まっていた、いわゆる欠落期間があるからである。

そんなマスタングの50周年記念イベントが、“誕生日”である2014年4月17日にアメリカで開催された。場所はニューヨーク、ラスベガス、そしてシャーロットの3カ所。ニューヨークでは1964年にワールドフェアが開催されたクイーンズ地区のフラッシング・メドウズ・コロナ・パークが、ラスベガスとシャーロットは、ともにNASCARのレースが開催されるスピードウェイが舞台となった。

これに先立ち、ちょうどモーターショーが開幕したニューヨークでは、プレスデイの2014年4月16日にフォードがマスタングの50周年を祝うアニバーサリーモデルを発表。また、エンパイアステートビルの86階に新型のマスタングを展示して注目を集めた。実は50年前にも、フォードはエンパイアステートビルの同じ場所にマスタングを展示。一体どうやってそれを運んだのかが話題になったという。

フォードは今回、その答えを新たなモデルを使って公開してくれた。当時も、そして今回も、車両をいくつかのパートに分解し、一般用のエレベーターに載せて86階まで運搬。そこで再び組み立てるという方法を使ったのだ。もちろん1964年当時、エンパイアステートビルの展望台に自動車が展示されるというのは前例のない出来事であり、過去最大、かつ最も重い展示物だったという。

ニューヨーク・ワールドフェアにて行われた、「フォード・マスタング」の発表会の様子。
ニューヨーク・ワールドフェアにて行われた、「フォード・マスタング」の発表会の様子。
エンパイアステートビルに展示された「フォード・マスタング」。
エンパイアステートビルに展示された「フォード・マスタング」。
展示用の車両は、写真のように分解して一般用のエレベーターで展望台まで運ばれた。
展示用の車両は、写真のように分解して一般用のエレベーターで展望台まで運ばれた。
50年前と同じ方法でエンパイアステートビルに展示された、新型の「フォード・マスタング」。ともに写っているのはフォードのビル・フォード会長(手前)と、エンパイアステート・リアルティー・トラストのアンソニー・マルキンCEO(奥)。
50年前と同じ方法でエンパイアステートビルに展示された、新型の「フォード・マスタング」。ともに写っているのはフォードのビル・フォード会長(手前)と、エンパイアステート・リアルティー・トラストのアンソニー・マルキンCEO(奥)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
ホームへ戻る