第238回:愛されて50年!
「フォード・マスタング」の熱い人気に触れる

2014.04.24 エディターから一言

その歴史、実に半世紀

「フォード・マスタング」がこの世に誕生したのは、今からちょうど50年前の1964年4月17日、ニューヨーク・ワールドフェア(万国博覧会)でのことだった。考えてみれば、半世紀の歴史を誇るクルマなどそうざらにあるわけではない。今回のマスタングを除けば、アメリカ車で50周年を祝ったのは恐らく「シボレー・コルベット」だけだろう。2年後には「シボレー・カマロ」も50周年を迎えるが、果たして彼らはそれを祝えるのか……。なぜならカマロには、7年にわたり生産が止まっていた、いわゆる欠落期間があるからである。

そんなマスタングの50周年記念イベントが、“誕生日”である2014年4月17日にアメリカで開催された。場所はニューヨーク、ラスベガス、そしてシャーロットの3カ所。ニューヨークでは1964年にワールドフェアが開催されたクイーンズ地区のフラッシング・メドウズ・コロナ・パークが、ラスベガスとシャーロットは、ともにNASCARのレースが開催されるスピードウェイが舞台となった。

これに先立ち、ちょうどモーターショーが開幕したニューヨークでは、プレスデイの2014年4月16日にフォードがマスタングの50周年を祝うアニバーサリーモデルを発表。また、エンパイアステートビルの86階に新型のマスタングを展示して注目を集めた。実は50年前にも、フォードはエンパイアステートビルの同じ場所にマスタングを展示。一体どうやってそれを運んだのかが話題になったという。

フォードは今回、その答えを新たなモデルを使って公開してくれた。当時も、そして今回も、車両をいくつかのパートに分解し、一般用のエレベーターに載せて86階まで運搬。そこで再び組み立てるという方法を使ったのだ。もちろん1964年当時、エンパイアステートビルの展望台に自動車が展示されるというのは前例のない出来事であり、過去最大、かつ最も重い展示物だったという。

ニューヨーク・ワールドフェアにて行われた、「フォード・マスタング」の発表会の様子。
ニューヨーク・ワールドフェアにて行われた、「フォード・マスタング」の発表会の様子。
エンパイアステートビルに展示された「フォード・マスタング」。
エンパイアステートビルに展示された「フォード・マスタング」。
展示用の車両は、写真のように分解して一般用のエレベーターで展望台まで運ばれた。
展示用の車両は、写真のように分解して一般用のエレベーターで展望台まで運ばれた。
50年前と同じ方法でエンパイアステートビルに展示された、新型の「フォード・マスタング」。ともに写っているのはフォードのビル・フォード会長(手前)と、エンパイアステート・リアルティー・トラストのアンソニー・マルキンCEO(奥)。
50年前と同じ方法でエンパイアステートビルに展示された、新型の「フォード・マスタング」。ともに写っているのはフォードのビル・フォード会長(手前)と、エンパイアステート・リアルティー・トラストのアンソニー・マルキンCEO(奥)。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
ホームへ戻る