ボルボV40クロスカントリーに限定のFF車が登場

2014.04.24 自動車ニュース
「ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック」
「ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック」

「ボルボV40クロスカントリー」に限定のFF車が登場

ボルボ・カー・ジャパンは2014年4月24日、特別仕様車「ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック」を200台限定で発売した。

 
ボルボV40クロスカントリーに限定のFF車が登場の画像
 
ボルボV40クロスカントリーに限定のFF車が登場の画像
 
ボルボV40クロスカントリーに限定のFF車が登場の画像
 
ボルボV40クロスカントリーに限定のFF車が登場の画像

今回発売されたV40クロスカントリー T4 ノルディックは、V40クロスカントリーのエントリーモデルとなる特別限定車だ。

既存のカタログモデル「T5 AWD」が2リッター直5ターボエンジンを搭載する4WD車であるのに対して、T4 ノルディックは、より排気量の小さな1.6リッター直4ターボエンジンを搭載するFF車。燃費(JC08モード)は、T5 AWDの12.4km/リッターを上回る16.2km/リッターで、エコカー減税の対象となっている。

エクステリアは、シルバーの17インチアルミホイールでドレスアップ。インテリアは、カッパードーンアルミニウム(銅色)のセンターコンソールパネルや、T-tecとテキスタイルからなるコンビシートが特徴だ。

ナビゲーションパッケージや、運転席および助手席の電動調節機構といった快適装備が標準で与えられるのも、セリングポイントである。

ボディーカラーは「ブラックサファイアメタリック」(オプション価格8万2286円)、「ロウカッパーメタリック」(同8万2286円)、「クリスタルホワイトパール」(同10万2858円)、「アイスホワイト」の全4色で、価格は380万円(いずれも8%の消費税含む)。200台限定で販売される。

2014年6月30日までの登録車に限り、エンジンの出力およびトルクを向上させるオプション「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」(20万5715円)も無償で提供される。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2015.4.27 試乗記 ボルボのクロスオーバーモデル「V40クロスカントリー T5 AWD」に新たなパワートレインが投入された。その走りは、どう変わったのか? ワインディングロードで試した。
  • 「ボルボV40/V40クロスカントリー」がマイナーチェンジ 2016.7.5 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年7月5日、マイナーチェンジを施した「V40」「V40クロスカントリー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る