スポーティーな装いの「ボルボV40」限定発売

2014.04.24 自動車ニュース
「ボルボV40 T4 スポーツ」
「ボルボV40 T4 スポーツ」

スポーティーな装いの「ボルボV40」限定発売

ボルボ・カー・ジャパンは、コンパクトハッチバック「ボルボV40」に特別仕様車「V40 T4 スポーツ」を設定。2014年4月24日に200台限定で発売した。

今回発売されたV40 T4 スポーツは、装備充実の1.6リッターモデル「V40 T4 SE」をベースとするスポーティーな特別仕様車だ。

エクステリアは、レッドストライプ入りのサイド/リアディフレクターや、リアエンドのディフューザー、2本出しのマフラーエンド、18インチ鍛造アルミホイールでドレスアップ。
インテリアも、シルバーとレッドのラインが入ったホワイトカラーのセンターコートアルミニウムパネルで飾られる。

また、ナビゲーションパッケージやPCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)・キーレスドライブ、リアビューカメラなど機能装備の充実もセリングポイントだ。

価格は379万円(8%の消費税込み)。ボディーカラーは、ブラックサファイアメタリック(オプション価格8万2286円)とアイスホワイトの2色が用意される。
2014年6月30日までの登録車に限り、エンジンの出力およびトルクを向上させるオプション「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」(20万5715円)も無償で提供される。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る