スポーティーな装いの「ボルボV40」限定発売

2014.04.24 自動車ニュース
「ボルボV40 T4 スポーツ」
「ボルボV40 T4 スポーツ」
    拡大

スポーティーな装いの「ボルボV40」限定発売

ボルボ・カー・ジャパンは、コンパクトハッチバック「ボルボV40」に特別仕様車「V40 T4 スポーツ」を設定。2014年4月24日に200台限定で発売した。

今回発売されたV40 T4 スポーツは、装備充実の1.6リッターモデル「V40 T4 SE」をベースとするスポーティーな特別仕様車だ。

エクステリアは、レッドストライプ入りのサイド/リアディフレクターや、リアエンドのディフューザー、2本出しのマフラーエンド、18インチ鍛造アルミホイールでドレスアップ。
インテリアも、シルバーとレッドのラインが入ったホワイトカラーのセンターコートアルミニウムパネルで飾られる。

また、ナビゲーションパッケージやPCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)・キーレスドライブ、リアビューカメラなど機能装備の充実もセリングポイントだ。

価格は379万円(8%の消費税込み)。ボディーカラーは、ブラックサファイアメタリック(オプション価格8万2286円)とアイスホワイトの2色が用意される。
2014年6月30日までの登録車に限り、エンジンの出力およびトルクを向上させるオプション「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」(20万5715円)も無償で提供される。

(webCG)

関連キーワード:
V40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
ホームへ戻る