BMW M235i クーペ(FR/6MT)

走れる、使える、楽しめる 2014.05.05 試乗記 車名も新たに、BMWのラインナップに加えられた「2シリーズ クーペ」。その走りは、どれほどのものなのか? 高性能バージョン「M235i」で確かめた。

BMWらしいニューモデル

「1シリーズ」の2ドアクーペが「2シリーズ」である。「3シリーズ」のクーペも今度から“4”を名乗るようになった。別のクルマに仕立てれば、それだけビジネスチャンスも増える、ということなのだろうが、これができるのも単純な数字車名のいいところだ。
番号1コ違うだけだから、そんなに違わないけど、でも別で、という。「スカイライン」のクーペをシリーズから独立させて別の名前を与えようとしたら、もっと変えないと世間が納得しないだろう。そう考えると、いかにも戦略的な、BMWらしいニューモデルの作りかたである。

日本に導入されるのは「220i」と「M235i」。1シリーズでいえば上位2モデルのみの品ぞろえというところに、2の位置づけがよく表れている。
3リッター直列6気筒ターボを積むM235iの「M」をおさらいすると、M社の新ブランド“Mパフォーマンス・オートモービルズ”のことである。BMWの高性能モデルと、「M3」に代表される“M”製品の中間に位置するのが、このシリーズのコンセプトとされる。Mほどレーシングライクではない、毎日使えるMということか。

2シリーズのMには小さなビッグニュースがある。「M135i」にはないMTモデルがラインナップされたことだ。車重はATより20kg軽く、値段も14万円安い。試乗したのはもちろんこれである。

「BMW 2シリーズ」は、プレミアムなコンパクトクーペとして2014年2月に発売された。真横から見ると、長めのボンネットや後ろ寄りのキャビン、サイドのキャラクターラインといった、スタイリングの特徴がよくわかる。
「BMW 2シリーズ」は、プレミアムなコンパクトクーペとして2014年2月に発売された。真横から見ると、長めのボンネットや後ろ寄りのキャビン、サイドのキャラクターラインといった、スタイリングの特徴がよくわかる。
ドアシルプレート(写真)は、“M235iロゴ”入りの専用品がおごられる。
ドアシルプレート(写真)は、“M235iロゴ”入りの専用品がおごられる。
センターコンソールがやや運転席を向いている、ドライバーオリエンテッドなインテリア。シートを除いた内装の色は、写真のブラックのほか、ベージュ系のオイスターが用意される。
センターコンソールがやや運転席を向いている、ドライバーオリエンテッドなインテリア。シートを除いた内装の色は、写真のブラックのほか、ベージュ系のオイスターが用意される。
ダッシュボード中央に備わる液晶モニターは、8.8インチのワイド型。カーナビ以外にも、車両の設定や各種エンターテインメント機能の調整などに使用する。
(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが確認できます)
ダッシュボード中央に備わる液晶モニターは、8.8インチのワイド型。カーナビ以外にも、車両の設定や各種エンターテインメント機能の調整などに使用する。
	(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが確認できます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M2クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
ホームへ戻る