MINIクーパー(FF/6AT)

小さな違いは大きな違い 2014.04.28 試乗記 じわじわと、しかし着実に進化する「MINI」。プラットフォームやパワーユニットが一新されるなど、ニューMINI史上最大の刷新(?)を受けた新型の走りやいかに? 注目の1.5リッター直3ターボエンジンを搭載する「クーパー」グレードを箱根のワインディングロードで試した。

“基礎”を打ち直す

「MINI」がモデルチェンジした。初代(クラシック・ミニじゃなくてね)が2001年、2代目が06年に発売され、13年に本国で3代目が登場、このたび日本に導入された。もう7年もたったのか、2代目は……と感じるが、初代より長かったことになる。初代と2代目はとても似ていて、2代目が出てすぐ借りて長距離を走らせたが、ほとんどだれにも新型と指摘されなかったのを思い出す。

そして新型の3代目も、またもや見た目は一緒! ま、それが許されるクルマだ。それでも初代と2代目の違いよりも大きい差異がある。まず大きくなった。2代目よりも、95mm長くなり(3835mm)、40mm幅広くなり(1725mm)、高さは同じ(1430mm)。ホイールベースは30mm延び、2495mmに。大型化は特にリアの居住空間とラゲッジスペースの拡大のため。ラゲッジスペースは51リッター増え、211リッターとなった。

見た目としては、全体的にワイドで踏ん張り感が増した。フロントグリル付近はグイッと前へせり出した。また、リアコンビランプが大きい。時々、体に対して明らかに目がデカい魚がいるが、後ろから見るとあんな感じで、なかなかにファニーだ。スカした二枚目を目指すわけでもなく、気恥ずかしいほどのかわいさもない。ヒットモデルのモデルチェンジでガラッと印象を変えるのは勇気がいることだろうが、変えずに新鮮味を保つのも難しいはず。うまいデザインだと思う。

従来型では上下に分割されていたフロントグリルが一体型に改められ、押し出しの利いた顔つきに。
従来型では上下に分割されていたフロントグリルが一体型に改められ、押し出しの利いた顔つきに。
MINIならではのデザインアイコンを引き継ぎながらも、“再解釈”が加わっているのは内装も同じ。
MINIならではのデザインアイコンを引き継ぎながらも、“再解釈”が加わっているのは内装も同じ。
センターパネルには引き続きトグルスイッチが。中央の赤いのはエンジン・スタート/ストップ用スイッチ。
センターパネルには引き続きトグルスイッチが。中央の赤いのはエンジン・スタート/ストップ用スイッチ。
トランクは従来モデルから51リッター増えて211リッター(VDA法)に。
トランクは従来モデルから51リッター増えて211リッター(VDA法)に。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
ホームへ戻る