新型「ジープ・チェロキー」が日本上陸

2014.04.28 自動車ニュース
「ジープ・チェロキー」(写真はすべて本国仕様)
「ジープ・チェロキー」(写真はすべて本国仕様)

新型「ジープ・チェロキー」が日本上陸

フィアット クライスラー ジャパンは2014年4月28日、新型「ジープ・チェロキー」を、同年5月17日に発売すると発表した。

■従来モデルからイメージ一新

チェロキーはジープブランドのラインナップするミドルサイズSUVであり、日本では1985年に初代がデビュー。6年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した今回の新型は、4代目のモデルにあたる。

エクステリアデザインは、台形型のフェンダーアーチや7スロットグリルなどといったジープの伝統を受け継ぎつつ、四角張ったイメージの従来モデルからスタイリングを一新。よりフロントウィンドウとリアウィンドウを寝かせた、スポーティーなデザインとなった。「ウォーターフォールフード」と呼ばれるグリルを一体化したボンネット形状や、上から順にLEDクリアランスランプ、ヘッドランプ、フォグランプを個別に装備した灯火系のデザインなど、フロントマスクもこれまでとは全く異なるイメージとなっている。

一方、インテリアについても「エモーショナル(感情的)なデザイン」「高品質な素材」「最先端のテクノロジー」「機能的な収納スペース」をコンセプトに、従来モデルとは全く異なる設計を採用。インストゥルメントパネルの中央には、インフォテインメントシステム「Uconnect」を操作する8.4インチのタッチスクリーンディスプレイを備えている。

■2種類のエンジンと3種類の駆動システムを用意

メカニズムについては、全車のトランスミッションを最新の9段ATとする一方、パワーユニットと駆動方式はグレードごとに異なる設定としている。

具体的には、エントリーグレードの「Longitude(ロンジチュード)」には、吸気量を電気油圧システムで制御する「マルチエア」採用の2.4リッター直4エンジンを搭載。駆動方式はFFとなっている。一方「Trailhawk(トレイルホーク)」と「Limited(リミテッド)」には、「ジープ・グランドチェロキー」などに搭載される3.6リッターV6エンジンをベースに、シリンダーの内径を5mmほど縮小した3.2リッターV6エンジンを採用。駆動システムはオンデマンド方式の4WDとなる。

さらに4WDシステムについても、トレイルホークとリミテッドで異なるものを用意している。リミテッドのそれは副変速機付きの「JeepアクティブドライブII」で、ローレンジの「4Low」モードを選択するとプロペラシャフトが直結となり、より高い駆動力を発揮することができる。

一方トレイルホークには、リアにロッキングディファレンシャル(差動固定装置)を装備した「Jeepアクティブドライブロック」を採用。上り坂、下り坂を問わず、斜面において自動で速度を一定に保つ「セレクスピードコントロール」機能も備わっている。

また両方のシステムとも、状況に応じて四駆と二駆を自動で切り替え、無駄な燃料消費を抑制するリアアクスル分離機能を装備。走行モード切り替え機能の「Jeepセレクテレイン」システムも備えており、オート、スノー、スポーツ、サンド/マッド、ロック(トレイルホークのみ)の中から、最適なモードを選択することができる。

■価格は379万800円~461万1600円

安全装備も充実しており、停車までの制御を行う「アダプティブクルーズコントロール」や、ステアリング制御機能付きの「LaneSense車線逸脱警報プラス」、駐車時の操作を自動操舵(そうだ)技術によってアシストする「ParkSense縦列/並列パークアシスト」などを標準またはオプションで用意。Uconnectにはナビゲーション機能も搭載している。

価格は以下の通り。
・ロンジチュード:379万800円
・トレイルホーク:429万8400円
・リミテッド:461万1600円
※いずれも8%の消費税を含む。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • 「スバル・フォレスター」にシックなイメージの特別仕様車 2017.7.25 自動車ニュース スバルが「フォレスター」に特別仕様車「スマートエディション」を設定。上級グレード2モデルをベースに、ダークメッキのフロントグリルなどで内外装をコーディネートしたもので、一部の装備を簡略化することで、ベース車より価格も抑えられている。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る