第74回:古ぼけたフォードのワゴンが乗せる家族の希望
『とらわれて夏』

2014.04.30 エッセイ

囚人役が続くジョシュ・ブローリン

ジョシュ・ブローリンは、このところやけに囚人づいている。6月公開の『オールド・ボーイ』では、突然拉致されて20年間監禁される男を演じている。日本のマンガが原作で、2003年にパク・チャヌクによって映画化された作品のリメイクだ。長い期間の変化を見せなければならないので、おなかをプックリさせるところから筋肉ムキムキまで体を改造している。30人以上もの敵をカナヅチで殴り殺す凶暴な男だ。

『とらわれて夏』でも、彼が演じるのは囚人だ。しかも、脱獄囚である。どんな悪党ぶりを見せるのかと思いきや、こちらはいい人だった。『オールド・ボーイ』の時とは、顔つきまで違っている。趣味はお菓子作りというのだから、残忍非道な無頼漢のはずがない。ブローリンが演じるフランクは誤って人を殺してしまったが、そのことを深く悔いている。懲役18年の刑で服役していたところ、盲腸の手術を受けた時に病院から脱走した。

彼はスーパーマーケットに逃げ込み、雑誌売り場にいた少年ヘンリー(ガトリン・グリフィス)に助けを求める。彼は、母のアデル(ケイト・ウィンスレット)と月に一度の買い物に来ていた。
離婚した母は心を病んでいて、人とうまく接することができない。13歳のヘンリーは、自分が彼女を支えなければならないと考えている。“一日夫券”を渡して、肩たたきやお手伝いを申し出たりしている。
クルマに乗って心ここにあらずの母がシフトをNのままで発進しようとすると、黙ってRに戻してあげる。聡明(そうめい)な少年だ。

アデルは見知らぬ男を助けるのをためらうが、フランクは強引にクルマに乗り込んでくる。声をあげて逃げ出すこともできたはずだが、そうしなかった。

(c) MMXIII Paramount Pictures Corporation and Frank's Pie Company LLC. All rights Reserved.


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。