【スペック】インプレッサスポーツ2.0i:全長×全幅×全高=4415×1740×1465mm/ホイールベース=2645mm/車重=1340kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(150ps/6200rpm、20.0kgm/4200rpm)/価格=208万9500円(テスト車=256万7250円/キーレスアクセス&プッシュスタート+オーディオ一体型HDDナビゲーションシステム+HIDロービームランプ+クリアビューパック+UVカット機能付きプライバシーガラス=47万7750円)

スバル・インプレッサスポーツ2.0i(4WD/CVT)/インプレッサG4 1.6i-L(FF/CVT)【試乗記】

しっかりインプレッサ味 2011.12.20 試乗記 スバル・インプレッサスポーツ2.0i(4WD/CVT)/インプレッサG4 1.6i-L(FF/CVT)
……256万7250円/218万9250円

フルモデルチェンジで4代目へと生まれ変わった「スバル・インプレッサ」。その走りや乗り心地を、ハッチバックとセダンの両モデルで試した。

かろやかでさわやか

「スバルは国産車界のマックだ」と以前からそう思っていたら、今度の「インプレッサ」、セダンは“G4”を名乗る。“genuine”の頭文字で、「本物の4ドアセダン」の意だそうだ。5ドアハッチバックは新たに“スポーツ”と呼ばれる。国内販売の主流はこれまでどおり5ドアだろうが、4ドアを最初からそろえて、セダンにも重きを置いたというのが新型インプレッサである。

エンジンは、インプレッサ初搭載の新世代ボクサー、FB型。1.5リッターに代わる1.6リッターエンジンはこれがスバル初披露。「フォレスター」に搭載済みの2リッターにも改良が加えられ、1.6リッター同様、新たにCVT(リニアトロニック)が組み合わされる。

横浜みなとみらいで開かれた試乗会で、まず最初に乗ったのは、FFの「G4 1.6i-L」。2リッターには全着のアイドリングストップ機構を備える、シリーズきっての低燃費モデルである。
走りだしていきなり好印象だったのは“かるさ”だ。燃費スペシャルとは思えないほど、発進がかろやか。トルクでグイッといくのではなく、全体の軽さでスイッと出る。パンチはないが、さわやかだ。“軽量ボクサー”という感じ。
「かなりいいよ、これ」と、カメラカーに乗る編集部Sさんに思わずトランシーバーで報告する。ノーズも軽い。低重心な感じもある。あとでエンジニアに聞いたら、今後も併売される「WRX STI」より今度のインプレッサのほうが実際、重心が低いそうだ。アクセル開度をパーセンタイルで教えるなど、趣向を凝らしたデジタル表示盤の平均燃費は13km/リッター近くを示していたから、燃費もよさそうだ。

先代モデルでは2007年6月にハッチバックが、翌2008年10月にセダンが発売された「スバル・インプレッサ」。4代目となる新型では、両モデルがそろって国内デビューを迎えた。
先代モデルでは2007年6月にハッチバックが、翌2008年10月にセダンが発売された「スバル・インプレッサ」。4代目となる新型では、両モデルがそろって国内デビューを迎えた。
インテリアの広さと質感向上は、新型の開発テーマのひとつ。前席の周りは水平基調のデザインとされ、ダッシュボードなどにはソフトな素材が用いられる。
インテリアの広さと質感向上は、新型の開発テーマのひとつ。前席の周りは水平基調のデザインとされ、ダッシュボードなどにはソフトな素材が用いられる。
センターコンソールの最上部にはマルチファンクションディスプレーが備わり(エントリーグレードの「1.6i」除く)、燃費のほか、アクセル開度や外気温、平均車速、VDCの作動状況などの情報が表示される。
(写真をクリックすると、画面表示の切り替えアニメーションが見られます)
センターコンソールの最上部にはマルチファンクションディスプレーが備わり(エントリーグレードの「1.6i」除く)、燃費のほか、アクセル開度や外気温、平均車速、VDCの作動状況などの情報が表示される。
	(写真をクリックすると、画面表示の切り替えアニメーションが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサG4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る