フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6AT)

門戸を広げる「R」 2014.05.07 試乗記 スポーツカーというものは、スパルタンであればあるほど攻略しがいがあるもの。しかし、「フォルクスワーゲン・ゴルフR」は、そのにらみが利いた顔つきとは裏腹に、誰もが技量に応じてたのしめる、洗練された速さを備えていた。伊豆のワインディングロードで試乗した。

「モード切り替え」は便利だが……

「ゴルフ」シリーズ中、最も高性能なモデル「R」がこの春、登場した。「GTI」の系譜とはちょっと異なり、過去にあった「R32」というV6エンジンを積んだモデルの延長線上に位置するような性格を持つ。その走りは、たとえて言うならば「幕の内弁当」的である。それも豪華なやつだ。

その「小鉢」をひとつひとつ味わいながら賞味していくと、なかなか手の込んだ料理にありつける。アダプティブシャシーコントロール(DCC)によってもたらされるドライビングプロファイル機能には、Rを象徴する5つの小鉢、すなわち「コンフォート」「ノーマル」「レース」「エコ」「カスタム」の各モードがあり、それらは名称から想像できる通りの味をもつ。エンジン特性やダンパー減衰力などがあらかじめ組み合わされており、それぞれを選ぶと自動的に変化するようになっている。

たとえば「エコ」を選ぶとエンジン特性は省燃費型になり、エアコンは経済的なモードにセットされ、Aペダルから足を離すとDSGはニュートラルを選択し、エンジン回転はアイドリングに落ちてコースティング走法も使える……といった具合だ。それぞれの枠内に小分けされた性能ではあるが、大変便利である。

しかし、その小鉢に不満がないわけではない。あらかじめ選んでおいた走行モードがその路面や状況に合っていれば問題ないし、その範囲内で満足しているうちはいいが、少し慣れてくると、ああココは「ノーマル」にしておけばよかったとか、ココは「レース」の方がよかったかなーとか後悔が生じ、疑心暗鬼にかられる。後悔先に立たずだ。われわれのようなシニア世代にとっては、いちいち選ぶことはわずらわしくもある。クルマが本来持っている実力を、全部いつでも使えるということに安心感を覚えるのだ。

また、足まわりの方も「コンフォート」にして使う時と「レース」を選択して使う時とでは目的が異なり、「ノーマル」にしておけばその中間的なものなのか、あるいは「レース」のままだと乗り心地はひどい状況となるのか……とおびえにも似た不安感も抱いてしまう。

ラジエーターグリルに「R」のロゴ。「U」形に光るLEDポジションランプを内蔵したバイキセノンヘッドライトが標準で備わる。
ラジエーターグリルに「R」のロゴ。「U」形に光るLEDポジションランプを内蔵したバイキセノンヘッドライトが標準で備わる。
フォルクスワーゲンのスポーツモデルの流儀にのっとり、インテリアはブラックで統一され、随所にシルバーのアクセントが施される。「ディスカバープロ」と呼ばれる最新のナビゲーションシステムが標準で装備される。
フォルクスワーゲンのスポーツモデルの流儀にのっとり、インテリアはブラックで統一され、随所にシルバーのアクセントが施される。「ディスカバープロ」と呼ばれる最新のナビゲーションシステムが標準で装備される。
ドライビングプロファイル機能には「コンフォート」「ノーマル」「レース」「エコ」「カスタム」の5モードが用意される。「レース」は「ゴルフR」専用のモード。
ドライビングプロファイル機能には「コンフォート」「ノーマル」「レース」「エコ」「カスタム」の5モードが用意される。「レース」は「ゴルフR」専用のモード。
フォルクスワーゲンR社が手掛けた「R」専用エクステリアパーツをまとう。通常の「ゴルフ」シリーズとの差別化が図られている。
フォルクスワーゲンR社が手掛けた「R」専用エクステリアパーツをまとう。通常の「ゴルフ」シリーズとの差別化が図られている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る