ランドローバー・レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック(4WD/9AT)

4×4からSUVへ 2014.05.08 試乗記 9段ATの採用など、走りの効率が大幅に改善された「レンジローバー イヴォーク」。成功作の進化の方向性を探るために、3ドアのスポーティーな仕様「イヴォーク クーペ ダイナミック」で伊豆を目指した。

ヒット作のさらなる進化

ランドローバーの末っ子、「レンジローバー イヴォーク」がいま一番カッコいいSUVであることには誰も異論を唱えないのではないか。パキッとシャープでエッジの効いた大胆かつ斬新なスタイリングは、4WDの老舗の面目を一新したうえに、オンロードでのダイナミックな走行性能、快適性とランドローバーの名に恥じないオフロードでの走破性を両立させており、実際2011年の発売以来世界中でヒット(18カ月で17万台以上売れたという)、今やランドローバーを支える大黒柱となっている。

そのイヴォークが乗用車としては世界初という9段(!)オートマチックトランスミッションを備えて2014年モデルとしてバージョンアップした。狙いは効率と洗練度をさらに引き上げること。9ATに加え、通常走行時にはFWDに切り替える「4WDアクティブ・ドライブライン」を備えたこともあって、JC08モード燃費は従来型の9.0km/リッターから10.6km/リッターに一気に向上、CO2排出量も217g/kmへ19%削減されたという。人気の「コンパクトプレミアムSUV」だからこそ、ランドローバー唯一の弱点と言える燃費についても改良の手を休めるわけにはいかないのだ。

それでも、個人的には今なおランドローバー各車をSUVと呼ぶことにはちょっと抵抗がある。斬新でクールなスタイルがどれほど都会に似合っているとしても、レンジローバーの名が付いているからには、イヴォークの上下に薄いウインドシールド越しに見たいのはハイウェイではなく世界の果ての荒野である。これまでナミビアの大砂丘やアイスランドの原野など極めつけのオフロードで、いやと言うほど思い知らされたランドローバーの能力を思えば、SUVという呼び方はふさわしくないというか、一般的に過ぎるような気がする。そもそもランドローバー自身、SUVと称するようになったのはごく最近のこと、それまでは4×4(フォーバイフォー)と名乗っていたのだが、最もコンパクトなイヴォークにはついにFWDモデルも本国ではラインナップされているから4×4とは言い切れなくなったのかもしれない。

9段ATを備えた2014年型「レンジローバー イヴォーク」は、日本では2013年11月の東京モーターショーでお披露目された。
9段ATを備えた2014年型「レンジローバー イヴォーク」は、日本では2013年11月の東京モーターショーでお披露目された。
試乗車の内装は、エボニーとタンでコーディネートされた「アクセラレイト」と呼ばれる配色のもの。運転席と助手席で異なる映像を見ることができるオプションの「8型デュアルビュー・タッチスクリーン・ディスプレイ」が付く。
試乗車の内装は、エボニーとタンでコーディネートされた「アクセラレイト」と呼ばれる配色のもの。運転席と助手席で異なる映像を見ることができるオプションの「8型デュアルビュー・タッチスクリーン・ディスプレイ」が付く。
トランスミッションはアイシンAW製の6段ATから、ZF製の9段AT(ZF 9HP48)へ。
トランスミッションはアイシンAW製の6段ATから、ZF製の9段AT(ZF 9HP48)へ。
通常走行時にはFWDに切り替える「4WDアクティブ・ドライブライン」が備わった。システムの状況はタッチスクリーン上で確認できる。
通常走行時にはFWDに切り替える「4WDアクティブ・ドライブライン」が備わった。システムの状況はタッチスクリーン上で確認できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る