BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)

遠乗りも怖くない 2014.05.13 試乗記 走り、デザイン、生産技術など、さまざまな分野でこれまでのクルマとは一線を画す「BMW i3」。BMWが提案する未来のクルマの、今日における実用性を試した。

SF映画に出てきそう

1970年の大阪万博に行った時、まるでタイムスリップしたように感じた。立ち並ぶパビリオンはどう見ても未来の建物で、中に入ると未来のファッションに身を包んだ女の人が未来の製品を紹介していた。BMW i3には、その時と似た驚きがある。エクステリアは、SF映画に出てくるクルマそのものだ。フロントグリルがブルーに縁取られているのは映画『トロン』の意匠に通じるものがあるし、サイドウィンドウの不思議な造形は『スター・トレック』にも出てきそうだ。

最も未来感をかもし出しているのは、リアスタイルだろう。全面がガラスに覆われて黒く鈍い光を放ち、コンビネーションランプが浮き上がって見える。もっさり見えがちな超ショートノーズのプロポーションも、これらのディテールの助けでむしろスタイリッシュに感じられる。ドアを開けようとするとハンドルの動きが普通とは逆になっていて、これも演出なのかと思ってしまった。

インテリアには、別の種類の未来感がある。ドアトリムやダッシュボードを構成するのは、見るからにリサイクルされたものとわかる素材だ。物を無駄にせず再利用する技術はこれからさらに進歩するはずで、人類が生き残るための必須条件になる。それをビジュアルで表現しているのだろう。運転席に座って目に入る光景は、間違いなく未来のものだ。ステアリングホイールの造形やダッシュボードに配されたモニターの浮遊感など、とても現在のものとは感じられない。

しかし、現実にまだ未来は到来していない。この未来カーは、現在の交通状況の中でいかなる性能を持っているのか。

テスト車は「BMW i3」のレンジ・エクステンダー搭載車。容量21.8kWhのリチウムイオンバッテリーに加え、発電用の2気筒ガソリンエンジンを装備している。
テスト車は「BMW i3」のレンジ・エクステンダー搭載車。容量21.8kWhのリチウムイオンバッテリーに加え、発電用の2気筒ガソリンエンジンを装備している。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4010×1775×1550mm。横から見ると、ユニークな形状のサイドウィンドウと、極端に切り詰められた前後のオーバーハング、19インチの大径タイヤが目を引く。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4010×1775×1550mm。横から見ると、ユニークな形状のサイドウィンドウと、極端に切り詰められた前後のオーバーハング、19インチの大径タイヤが目を引く。

インテリアでは、各所にリサイクル素材を採用。それを隠そうとせず、むしろ視覚的にアピールしているのが「i3」の特徴といえる。


    インテリアでは、各所にリサイクル素材を採用。それを隠そうとせず、むしろ視覚的にアピールしているのが「i3」の特徴といえる。
ドアはいわゆる観音開き。乗車定員は4人となっている。
ドアはいわゆる観音開き。乗車定員は4人となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編) 2016.8.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「BMW i3」。“駆けぬける歓び”の未来形を提案するプレミアムEVを、谷口はどう評価するのだろうか。
  • BMW i3(RR)/i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.3.22 試乗記 「BMW i3」がいよいよ日本に上陸。EV、そしてRRレイアウトと、BMWの市販モデルとしては異例ずくめの一台だが、新しいのはクルマそのものだけではなかった。
  • BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.5.13 試乗記 走り、デザイン、生産技術など、さまざまな分野でこれまでのクルマとは一線を画す「BMW i3」。BMWが提案する未来のクルマの、今日における実用性を試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る