“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売

2014.05.01 自動車ニュース

“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2014年5月1日、ポールスター社と共同開発した特別限定車「ボルボS60ポールスター(Polestar)/V60ポールスター」の受注を開始した。

「ボルボV60ポールスター」(写真は全て本国仕様車)
「ボルボV60ポールスター」(写真は全て本国仕様車)
専用チューンが施された3リッター直6ターボエンジン。
専用チューンが施された3リッター直6ターボエンジン。

“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売の画像
車体のリアエンドから顔をのぞかせる、専用のディフューザーとステンレス製エキゾーストシステム。
車体のリアエンドから顔をのぞかせる、専用のディフューザーとステンレス製エキゾーストシステム。
「ボルボS60ポールスター」
「ボルボS60ポールスター」

セダンの「S60ポールスター」とワゴンの「V60ポールスター」は、ボルボとそのモータースポーツ活動を支えるポールスター社が共同で開発した、ハイパフォーマンスな“量産型コンプリートカー”だ。

ベースとなるのは、S60/V60ともに、カタログモデルの「T6 AWD R-DESIGN」。この3リッター直6ターボエンジンを、ボルグワーナー製のツインスクロールターボやインタークーラー、専用コンピューターなどでチューン。専用のステンレス製エキゾーストシステムも採用し、350ps/5700rpmと51.0kgm/2800-4750rpmのアウトプットを実現した。
本国仕様のデータによれば、S60/V60ポールスターの0-100km/h加速タイムは、4.9秒。最高速度はリミッターで250km/hに制限されている。

トランスミッションは6段ATに限られるが、シフトプログラムは専用のものとなる。
ハルデックスの4WDシステムも、より積極的に後輪への駆動配分を行う専用品に。さらに、スタビリティーコントロールシステムにも専用チューンが施される。

足まわりの強化メニューは、以下の通り。
・オーリンズ製ショックアブソーバー
・強化型のスプリング(スプリングレートは80%アップ)
・ベンチレーテッドブレーキディスク(フロント:371mm/リア:302mm)
・ブレンボ製6ピストンブレーキキャリパー(フロント)
・ポールスター専用20インチアルミホイール

専用のフロントスポイラーやリアディフューザー、スポーツステアリングホイール、スポーツシートなどで、内外装もドレスアップされる。

価格(消費税8%含む)と販売台数は、以下の通り。
・S60ポールスター(30台):799万円
・V60ポールスター(60台):819万円

(webCG)

関連キーワード:
S60V60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.21 試乗記 2017年にボルボが宣言した、近い将来における全モデルの電動化。「V90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション」は、その先駆けともいえるプラグインハイブリッド車だ。ボルボの将来を占う“試金石”の出来栄えは?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.10.16 試乗記
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8... 2016.4.19 試乗記