“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売

2014.05.01 自動車ニュース

“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2014年5月1日、ポールスター社と共同開発した特別限定車「ボルボS60ポールスター(Polestar)/V60ポールスター」の受注を開始した。

「ボルボV60ポールスター」(写真は全て本国仕様車)
「ボルボV60ポールスター」(写真は全て本国仕様車)
    拡大
専用チューンが施された3リッター直6ターボエンジン。
専用チューンが施された3リッター直6ターボエンジン。
    拡大

“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売の画像 拡大
車体のリアエンドから顔をのぞかせる、専用のディフューザーとステンレス製エキゾーストシステム。
車体のリアエンドから顔をのぞかせる、専用のディフューザーとステンレス製エキゾーストシステム。
    拡大
「ボルボS60ポールスター」
「ボルボS60ポールスター」
    拡大

セダンの「S60ポールスター」とワゴンの「V60ポールスター」は、ボルボとそのモータースポーツ活動を支えるポールスター社が共同で開発した、ハイパフォーマンスな“量産型コンプリートカー”だ。

ベースとなるのは、S60/V60ともに、カタログモデルの「T6 AWD R-DESIGN」。この3リッター直6ターボエンジンを、ボルグワーナー製のツインスクロールターボやインタークーラー、専用コンピューターなどでチューン。専用のステンレス製エキゾーストシステムも採用し、350ps/5700rpmと51.0kgm/2800-4750rpmのアウトプットを実現した。
本国仕様のデータによれば、S60/V60ポールスターの0-100km/h加速タイムは、4.9秒。最高速度はリミッターで250km/hに制限されている。

トランスミッションは6段ATに限られるが、シフトプログラムは専用のものとなる。
ハルデックスの4WDシステムも、より積極的に後輪への駆動配分を行う専用品に。さらに、スタビリティーコントロールシステムにも専用チューンが施される。

足まわりの強化メニューは、以下の通り。
・オーリンズ製ショックアブソーバー
・強化型のスプリング(スプリングレートは80%アップ)
・ベンチレーテッドブレーキディスク(フロント:371mm/リア:302mm)
・ブレンボ製6ピストンブレーキキャリパー(フロント)
・ポールスター専用20インチアルミホイール

専用のフロントスポイラーやリアディフューザー、スポーツステアリングホイール、スポーツシートなどで、内外装もドレスアップされる。

価格(消費税8%含む)と販売台数は、以下の通り。
・S60ポールスター(30台):799万円
・V60ポールスター(60台):819万円

(webCG)

関連キーワード:
S60V60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る