第135回:大盛況の「ワールドシリーズbyルノー」とは? イベント責任者に成功の秘密を聞く

2011.12.20 エッセイ

第135回:大盛況の「ワールドシリーズbyルノー」とは?イベント責任者に成功の秘密を聞く

日本ではあまり知られていないが、ルノーはヨーロッパで「ワールドシリーズbyルノー」という独自のレース選手権を開催し、大成功を収めている。
今回はその成功の秘密をイベントの責任者で、ルノー・スポールのモータースポーツディレクターであるジャン-パスカル・ドゥース氏に聞いた。

2011年は欧州8カ国で全9戦が開催された。写真は9月、フランスのポールリカールでの「フォーミュラ・ルノー3.5」。
2011年は欧州8カ国で全9戦が開催された。写真は9月、フランスのポールリカールでの「フォーミュラ・ルノー3.5」。
ルノー・スポールでモータースポーツディレクターを務めるジャン-パスカル・ドゥース氏。イベントの責任者だ。
ルノー・スポールでモータースポーツディレクターを務めるジャン-パスカル・ドゥース氏。イベントの責任者だ。
「ワールドシリーズbyルノー」はパドックへの入場を含めてすべてが無料。平均入場者数は10万人を超える。
「ワールドシリーズbyルノー」はパドックへの入場を含めてすべてが無料。平均入場者数は10万人を超える。

「入場無料」で10万人超の集客

ドゥース氏は今回、ルノーと提携関係にある日産のモータースポーツイベント「NISMOフェスティバル」を視察するために来日した。日産とルノーのアライアンスは、乗用車の生産台数においてトヨタ、GM、フォルクスワーゲンに続く世界第4位に位置する。「ところが、われわれより上位の3メーカーは、いずれも『ワールドシリーズbyルノー』に関心があるといって、私のところに話を聞きに来ました」。

巨大自動車メーカーが、このイベントに興味を持つのも無理はない。2011年、ワールドシリーズbyルノーはフランス、スペイン、イギリス、ドイツ、イタリア、モナコ、ベルギー、ハンガリーの計8カ国で全9戦を開催。その平均入場者数が10万人を超えるというのだから驚く。モータースポーツが盛んというイメージが強いヨーロッパだが、F1グランプリやルマン24時間などを例外とすると、たいていのイベントは1万人程度しか観客が集まらないという。そうしたなか、ルノー1社しか登場しないワールドシリーズbyルノーがどうしてこれだけの人気を博しているかといえば、答えは単純で、入場料が無料なのである。

しかも、入場料が無料であるだけでなく、パドックに入るにも、ピットウォークに参加するにも追加の料金は発生しない。つまり、すべて“ルノー持ち”。この気前の良さが、ワールドシリーズbyルノーの人気の源泉だといえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ