日産デイズ ルークス ライダー(FF/CVT)

お父さんの主張 2014.05.14 試乗記 日産の軽スーパーハイトワゴン「デイズ ルークス」をベースに、オーテックが内外装を仕立てたコンプリートカー「ライダー」に試乗。使い勝手を重視するママだけでなく、パパも満足できる軽乗用車のキモとは?

車内の広さは感動モノ

軽自動車の人気カテゴリーである“スーパーハイトワゴン”に試乗するといつも思う。「なんて広さだ!」。

リーダー格の「ダイハツ・タント」をはじめ、「スズキ・スペーシア」、「ホンダN-BOX」、そして、日産デイズ ルークスと「三菱eKスペース」兄弟と、どれに乗ってもその広さは感動モノだ。特に運転席からの眺めは、まるでバスの最前列にいるみたいで、その開放感がたまらない。小さいころ、あの席に座れると一日シアワセだったのが、このクルマを手に入れるとそれが毎日楽しめるんだなぁと思うと、それだけでワクワクする。

ご存じのとおりこのデイズ ルークスは、日産と三菱による合弁会社NMKVが手がけた軽自動車。これまで日産が販売していたスーパーハイトワゴンの「ルークス」はスズキからのOEM商品だったから、よりオリジナリティーが出せるという点では、日産としても気合の入れ方が違う。

例えばデイズ ルークスのウリでもあるロングスライドのリアシートは、ミニバン並み、いや、それ以上に足元が広い。ポジションを一番後ろの位置にすれば、大人が足を組んでもまだまだ余裕があるし、一番前でも膝の前に拳1個分のスペースが残っている。これなら、多少荷物が多いときも安心だ。しかも、デイズ ルークスの場合、後席が左右独立してスライド可能で、また、いざというときには個別に床下へ収納できるので、なにかと便利である。

日産が軽スーパーハイトワゴン市場に満を持して投入した「デイズ ルークス」。「三菱eKスペース」の兄弟車に当たり、三菱の水島製作所で生産される。
日産が軽スーパーハイトワゴン市場に満を持して投入した「デイズ ルークス」。「三菱eKスペース」の兄弟車に当たり、三菱の水島製作所で生産される。
運転席からの見晴らしは開放感抜群。センタークラスターやシフトセレクターの加飾パネル、ドアトリムなどは、「ライダー」専用のデザインとなっている。
運転席からの見晴らしは開放感抜群。センタークラスターやシフトセレクターの加飾パネル、ドアトリムなどは、「ライダー」専用のデザインとなっている。
ジャカード織物の生地を使った「ライダー」専用のツートンカラーのシート。
ジャカード織物の生地を使った「ライダー」専用のツートンカラーのシート。
後席は左右別々にリクライニングとスライド調整が可能。格納は背もたれを倒してから床に落とし込むダイブダウン方式となっている。(写真をクリックすると、シートアレンジの様子が見られます)
後席は左右別々にリクライニングとスライド調整が可能。格納は背もたれを倒してから床に落とし込むダイブダウン方式となっている。(写真をクリックすると、シートアレンジの様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デイズ ルークスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る