第2戦富士はGT-Rがポール・トゥ・ウィン【SUPER GT 2014】

2014.05.05 自動車ニュース
第2戦のGT500クラスを制した、No.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/J.P・デ・オリベイラ組)。
第2戦のGT500クラスを制した、No.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/J.P・デ・オリベイラ組)。

【SUPER GT 2014】第2戦富士はGT-Rがポール・トゥ・ウィン

2014年5月4日、SUPER GTの第2戦が富士スピードウェイで開催され、GT500クラスはNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/J.P・デ・オリベイラ組)が、GT300クラスはNo.4 グッドスマイル 初音ミク Z4(谷口信輝/片岡龍也組)が、勝利を手にした。

レースの開催日は、ゴールデンウイーク中の日曜日。戦いの舞台となった富士スピードウェイには多くの観客が詰めかけた。
レースの開催日は、ゴールデンウイーク中の日曜日。戦いの舞台となった富士スピードウェイには多くの観客が詰めかけた。
GT500クラスのスタートシーン。始まりから、No.12 カルソニックIMPUL GT-Rがレースを引っ張る。
GT500クラスのスタートシーン。始まりから、No.12 カルソニックIMPUL GT-Rがレースを引っ張る。
レクサス勢は、ホームグラウンドたる富士で勝利を手にすることができなかったが、2位と3位に入るなど、着実にポイントを積み上げた。
レクサス勢は、ホームグラウンドたる富士で勝利を手にすることができなかったが、2位と3位に入るなど、着実にポイントを積み上げた。

■長距離レースは大波乱

GT500クラスに新しい車両規則が導入されて2戦目にあたる今回は、完走がわずか10台で、うち1台はトップから15周も遅れてようやく完走扱いになったという、実に荒れたレースとなった。

中でもエントリーした5台すべてがトラブルに見舞われたのが、NSXを走らせるホンダだった。しかも、トラブルの内容はほとんど同じで、“熱害”が原因の電気系トラブルだったという。前述した「15周遅れの10位」というのも実はホンダのNo.18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/ジャン・カール・ベルネ組)で、トラブルをだましだまし、ようやく完走にこぎ着けたのである。もっとも、それで1点を手に入れたのだから、このポイントは値千金といえるだろう。

予選でNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rがポールポジションを獲得し、幾多の困難を乗り越えて栄冠をつかみ取った日産勢にとっても、苦難の多いレースとなった。例えば、予選で2番グリッドを手に入れたNo.46 S Road REITO MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝組)は、2番手を走行中の19周目にエンジンの補器類から火災が発生、ドライバーの本山はマシンを止めると逃げるようにしてコースサイドに飛び出すという一幕が見られたほか、No.12 カルソニックIMPUL GT-Rがピットストップしたことでレース中盤にトップに立ったNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)にはステアリング系のトラブルが発生し、これをピットで修復した関係で周回遅れの8位に終わるという屈辱を味わった。

110周のレース中、84周にわたって首位を守り続けた末に勝利したNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rにしても、レース中盤にGT300クラスの1台と軽く接触してチンスポイラーの一部にダメージを負ったほか、レース終盤にはペースがガックリと落ちて見る者を驚かせたが、これはタイヤ表面にコース上のゴム滓(かす)がこびりつく“ピックアップ”と呼ばれる現象が原因で、問題のゴム滓が自然と剝がれ落ちると本来のペースを取り戻し、開幕戦で取りこぼした栄冠を手に入れる結果となった。

3位でフィニッシュした、No.6 ENEOS SUSTINA RC F(大嶋和也/国本雄資組)。
3位でフィニッシュした、No.6 ENEOS SUSTINA RC F(大嶋和也/国本雄資組)。
GT500クラス表彰式の様子。
GT500クラス表彰式の様子。

■レクサス勢も健闘

今回は全般に日産勢が好調で、残るNo.24 D'station ADVAN GT-R(ミハエル・クルム/佐々木大樹組)も4位入賞を果たしている。

対するレクサス勢は、信頼性こそ3メーカーのなかでもっとも優れていたものの、ペースの点では日産勢に一歩及ばなかった。それでもGT-Rの脱落に助けられる形で昨年の王者、No.1 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/平手晃平組)が2位に入ったほか、No.6 ENEOS SUSTINA RC F(大嶋和也/国本雄資組)も3位表彰台を獲得する健闘を見せた。

この結果、ドライバーズ部門のポイント争いではNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rが31点でトップに浮上。これに前回の覇者であるNo.37 KeePer TOM’S RC F(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ組)が26点を獲得して2番手につけ、No.6 ENEOS SUSTINA RC Fも同じく26点で3番手(No.37 KeePer TOM’S RC Fと違って勝ち星がないため)につけている。

2戦連続でGT300クラスを制した、谷口信輝/片岡龍也組のNo.4 グッドスマイル 初音ミク Z4。
2戦連続でGT300クラスを制した、谷口信輝/片岡龍也組のNo.4 グッドスマイル 初音ミク Z4。
No.4のゴールシーン。チームメイトの谷口信輝が、フェンスから身を乗りだして勝利の歓声を上げる。
No.4のゴールシーン。チームメイトの谷口信輝が、フェンスから身を乗りだして勝利の歓声を上げる。
こちらはクラス3位に入った“ハイブリッドレーサー”No.0 MUGEN CR-Z GT。
こちらはクラス3位に入った“ハイブリッドレーサー”No.0 MUGEN CR-Z GT。

■GT300は初戦に続いてZ4

GT300クラスもトップが目まぐるしく入れ替わる展開となった。
ポールポジションを獲得したNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ルーカス・オルドネス組)はレース前半のセーフティーカーラン中にピットストップする作戦が失敗に終わって5位フィニッシュ。一時はトップに立つ速さを見せたNo.31 OGT Panasonic apr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀組)も、ピット作業後の再スタートで出遅れるなどして6位に終わった。

結局、栄冠を勝ち取ったのは、レース終盤のNo.11 GAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム組)との激戦に競り勝ったNo.4 グッドスマイル 初音ミク Z4で、開幕戦に続く2連勝を果たした。
3位は、一時トップを走りながらレース終盤にスピンを喫したNo.0 MUGEN CR-Z GT(中山友貴/野尻智紀組)だった。

SUPER GTの第3戦は、5月31日~6月1日にオートポリスで開催される。

(文=小林祐介/写真提供 GTA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。