ジープ・チェロキー ロンジチュード(FF/9AT)/トレイルホーク(4WD/9AT)/リミテッド(4WD/9AT)

しあわせな結婚 2014.05.12 試乗記 これまでのジープのイメージからは、大きくかけ離れた外観で登場した新型「チェロキー」。では、その技術的な見どころは? 走りや乗り心地はどうなった? 日本で展開される全3グレードで確かめた。

革命児、あらわる

五月晴れの某日、山梨県河口湖町の富士の麓にあるオフロードコース、スタックランドをベースとして、新型「ジープ・チェロキー」の試乗会が開かれた。

ジープブランドは昨2013年、世界中で73万1565台を販売し、過去最高を記録した。2010年は41万9516台だったから、大躍進である。6年ぶりの全面改良となった新型チェロキーはそういう勢いのあるときに、米国市場では昨年11月に売り出された。以来、毎月1万台以上、ときに1万5000台の販売台数を記録するヒット作になっている。

新型のどこがウケたのか? やっぱりゴシックホラーとか怪奇派とかと表現すべきデザインの新しさが、21世紀の人々の琴線にふれたに違いない。

中身も、チェロキー史上における革命だ。全長4.6mのミドサイズSUVというセグメントはこれまでと同じながら、エンジンが縦置きではなく、横置きとなったのだ。そのプラットフォームはイタリアからやってきた。「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」用がベースになっているのである。

日本市場向けは、3つの異なるラインからなっている。駆動方式で大別すれば、FFと4WD、エンジンで大別すれば、2.4リッター直4と3.2リッターV6自然吸気の2本立て、ということになる。

入門用の「ロンジチュード」(英語で「経度」の意)はFF、直4である。車両価格は8%の消費税込みで379万800円。
価格的には2番目だけれど、開発陣のお気に入りで、最もジープらしいデザインとオフロード能力を持つのが「トレイルホーク」である。駆動方式はもちろん4WD、エンジンはいまのところV6のみとなる。価格は429万8400円。
最も高価なのが「リミテッド」で、トレイルホークほどのオフロード能力はないにしても、4WDでV6、革内装がおごられている。さらに、他のラインではオプションの、前面衝突警告等の安全デバイスが漏れなくついてくる。発売当初の売れ筋と見られているのがこちらで、価格は461万1600円である。

6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「ジープ・チェロキー」。日本で2014年5月17日に発売される最新型は、4代目にあたる。


    6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「ジープ・チェロキー」。日本で2014年5月17日に発売される最新型は、4代目にあたる。
リアまわりも一新。「四角いシルエットに縦型のコンビランプ」という、従来モデルの面影は残っていない。
リアまわりも一新。「四角いシルエットに縦型のコンビランプ」という、従来モデルの面影は残っていない。
インテリアは、グレードにあわせて異なるカラーと素材が与えられる。写真は上級グレード「リミテッド」の、「モロッコ」と呼ばれるカラーリング。
インテリアは、グレードにあわせて異なるカラーと素材が与えられる。写真は上級グレード「リミテッド」の、「モロッコ」と呼ばれるカラーリング。
「リミテッド」のフロントシート。セットオプションで、ベンチレーション機能やメモリー機能を加えることもできる。
「リミテッド」のフロントシート。セットオプションで、ベンチレーション機能やメモリー機能を加えることもできる。

写真は、試乗会でプレゼンテーションを行った、クライスラー グループのエイドリアン・ヴァン・カンペンハウト氏。日本市場での販売比率は、彼の“イチ押し”である「トレイルホーク」が2割弱、「ロンジチュード」と「リミテッド」がそれぞれ4割ずつになると予測されている。


    写真は、試乗会でプレゼンテーションを行った、クライスラー グループのエイドリアン・ヴァン・カンペンハウト氏。日本市場での販売比率は、彼の“イチ押し”である「トレイルホーク」が2割弱、「ロンジチュード」と「リミテッド」がそれぞれ4割ずつになると予測されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る