「トヨタ・オーリス」に上質な内装の特別仕様車

2014.05.07 自動車ニュース
「トヨタ・オーリス150X“ブラッキッシュラウンジ”」
「トヨタ・オーリス150X“ブラッキッシュラウンジ”」

「トヨタ・オーリス」に上質な内装の特別仕様車

トヨタ自動車は2014年5月7日、5ドアハッチバック車「オーリス」の特別仕様車「150X“Blackish Lounge(ブラッキッシュラウンジ)”」を発売した。

今回の特別仕様車は、トヨタの販売チャンネルの一つである新ネッツ店の誕生10周年を記念したものである。

ベースとなったのは1.5リッター車の「150X」で、エクステリアには16インチアルミホイールやメッキドアベルトモールディング、ブラック塗装のセンターピラーなどを採用。特別色の「ブラッキッシュレッドマイカ」を含む、全5色のボディーカラーを用意している。

また、シートやインストゥルメントパネルにオレンジステッチ入りの本革を用いるなど、インテリアも特別にコーディネート。オーディオクラスターにはピアノブラック塗装を用いており、3眼コンビネーションメーターやスイッチ類にはクリアブルーイルミネーションを、ステアリングホイールやシフトノブにはダークシルバー加飾を施している。

価格はFF車が196万4618円、4WD車が215万9018円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
オーリストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る