トヨタ、ランドクルーザーをマイナーチェンジ

2011.12.19 自動車ニュース

トヨタ、「ランドクルーザー」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2011年12月19日、「ランドクルーザー」にマイナーチェンジを施し、2012年1月6日に発売すると発表した。

「ランドクルーザー」に実施された主な変更点は次のとおり。外観や内装の手直しのほか、オフロードの走破性なども改善されている。

■外観と内装
・フロントまわり、リアコンビネーションランプ、サイドプロテクションモール、アルミホイール(18および20インチ)などのデザインを変更したほか、プロジェクター式ヘッドランプを採用。
・サイドターンランプ付きドアミラーや雨滴センサー付きフロントオートワイパーなどを標準装備(除く「GX」)。
・新色2種(アティチュードブラックマイカ、ベージュマイカメタリック)を含む全7色の外板色を設定。
・新色シェルを含む全3色の内装色を設定。
・インストゥルメントパネルなどに木目調加飾を採用して上質感を演出

■機能
・スイッチ操作でトラクションやブレーキの制御を切り替え、オフロードの走破性を高める「マルチテレインセレクト」を採用(除く「GX」)。
・車載カメラの映像によって周囲の路面状況が確認できる「マルチテレインモニター」を採用(除く「GX」)。
・ステアリング操作のみで極低速走行できる「クロールコントロール」の速度設定を5段階に変更(従来は3段階)。
・クロールコントロール走行時にタイトなコーナーでの回頭性を高める「ターンアシスト機能」を搭載。
・上級モデルにステアリングヒーター、ベンチレーション機能付きフロントシートなどを標準装備。
・大型「マルチインフォメーションディスプレイ」を採用して視認性を改善(除く「GX」)。

新しい価格は、440万円(GX)から630万円(ZX)まで。月販目標台数は300台。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
ホームへ戻る