ポルシェ911タルガ4S(4WD/7AT)

オリジナルへの回帰 2014.05.15 試乗記 2011年の登場以来、順調にバリエーションを広げてきた「ポルシェ911」のラインナップに、オープントップモデルの「タルガ」が加わった。初代タルガを思わせるBピラーを備えた、どこか懐かしい新型の実力は? 南イタリアからの第一報。

新しくて懐かしい新型「タルガ」

低いノーズに始まるやや丸みのあるファストバッククーペ、という基本スタイルを長いこと踏襲しながら、ポルシェ911ほど人々に飽きられていないクルマも珍しい。それは911が、リアエンジン2+2座のスポーツGTとしての機能に、きわめて忠実なカタチをしているからではないだろうか。機能美には飽きがこない、というわけである。

だがその911にも、ピュアなスポーツクーペとは少々趣のことなるボディーバリエーションが、時として登場する。「カブリオレ」、空冷時代に2つのシリーズと水冷の「997」に用意された「スピードスター」、それにタルガ。で、そのなかでも最も数奇な運命をたどったのがタルガである。

タルガはまずそのプロトタイプが1965年秋のフランクフルトショーに登場、それから1年強ほど後の67年に販売が開始される。初期型は頭上のソフトトップが取り外せるだけでなく、リアウィンドウもビニール製で取り外し可能だった。それは、当時のアメリカでオープンカーに対する安全規制が強化されることへの対応策で、オープンの開放感と転覆時の安全を、太いBピラーによって両立させようというデザインなのだった。

この形式のタルガは「930」「964」とボディー形式が変わっても踏襲されたが、「993」の時代になって巨大な電動グラスルーフというべきスタイルに変更され、それが水冷の「996」「997」の時代も継続された。ところが最新の「タイプ991」になって大きな方向転換がなされた。空冷時代のオリジナルモデルの現代版というべき、新デザインのタルガが登場したのである。

そこで、通常のクーペを見慣れた目に新鮮な印象を与えるチャーミングなボディーのニュー911タルガに、長靴形の半島の踵(かかと)のあたりに位置する南イタリアで乗ってきた。

初代「タルガ」を思わせるシルバーの“タルガバー”には、オリジナルをほうふつとさせる3本のグリルと“targa”のロゴが入る。
初代「タルガ」を思わせるシルバーの“タルガバー”には、オリジナルをほうふつとさせる3本のグリルと“targa”のロゴが入る。
「タルガ4S」の室内。ルーフシステムは遮音性に優れ、クローズ時には「911カレラ クーペ」と同等の静粛性が確保されるとうたわれる。
「タルガ4S」の室内。ルーフシステムは遮音性に優れ、クローズ時には「911カレラ クーペ」と同等の静粛性が確保されるとうたわれる。
先代モデルと同様に、新しいタルガも駆動方式は4WDのみ。3.4リッターのフラットシックスを搭載する「タルガ4」と、3.8リッターの高性能モデル「タルガ4S」が用意される。今回試乗したのは後者。
先代モデルと同様に、新しいタルガも駆動方式は4WDのみ。3.4リッターのフラットシックスを搭載する「タルガ4」と、3.8リッターの高性能モデル「タルガ4S」が用意される。今回試乗したのは後者。
初代「911タルガ」のプロトタイプが発表されたのは1965年。初期型ではリアウィンドウも取り外し可能な透明ビニール製とされた。写真の車両はガラスになってからの1970年モデル。
初代「911タルガ」のプロトタイプが発表されたのは1965年。初期型ではリアウィンドウも取り外し可能な透明ビニール製とされた。写真の車両はガラスになってからの1970年モデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911タルガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る