MINIクーパー ペースマン ALL4(4WD/6AT)

無駄を楽しめる人へ 2014.05.20 試乗記 「MINI ペースマン」に4WDの新グレードが登場。“ちょっと非力”だからこそ味わえるMINIならではの走りとともに、あらためてペースマンの魅力に触れた。

ニッチな願いをかなえるクルマ

「クロスオーバー」があるんだから「ペースマン」は要らないだろう?

ペースマンが登場したとき一瞬そう思ったが、「待てよ、ペースマンってありだよな……」と考え直す自分がいた。いまは家族がいて、なかなかクーペに手を出せないが、20代独身の頃はクーペしか頭になかった。どうして、ふだん1~2人しか乗らないのに後ろのドアが必要なんだ。そのために、せっかくのスポーティーなフォルムを諦める必要がどこにあるのかと。

MINIのクロスオーバー風はほしいけど、4ドアは絶対イヤだ。かといって、MINIでもクーペでもない……。そんなわがままをいうヤツは少数派かもしれないが、このペースマンの登場により好きなクルマに乗れると喜んでいる人がいるに違いない。こだわる人の願いをかなえるクルマ……それが、ペースマンであり、MINIなのだ。

そんなペースマンが日本で発売されたのは2013年3月2日のこと。その時点では自然吸気(NA)の1.6リッターエンジンを積む「クーパー ペースマン」と、1.6リッターターボの「クーパーS ペースマン」、そしてその4WD仕様である「クーパーS ペースマン ALL4」という顔ぶれだった。そして、遅れて登場したのが、クーパー ペースマンの4WD仕様である「クーパー ペースマン ALL4」。今回はこのAT版を試乗した。

MINIのウェブサイトを見ると、FFのクーパー ペースマンとクーパー ペースマン ALL4のAT版の車両重量はそれぞれ1360kgと1440kg。4WD化により80kg重くなった計算だ。これをカバーするためか、AT仕様ではエンジンがターボ付きに変更されていて、FFが最高出力122ps/6000rpm、最大トルク16.3kgm/4250rpmであるのに対し、4WDは122ps/4600rpm、19.4kgm/1350-4600rpmと、低回転からトルクが厚みを増しているのがわかる。果たして、クーパー ペースマン ALL4の走りは?

「MINIペースマン」は、「MINIクロスオーバー」とプラットフォームを共有するクーペモデル。2013年2月に発表され、同年3月に販売が開始された。


    「MINIペースマン」は、「MINIクロスオーバー」とプラットフォームを共有するクーペモデル。2013年2月に発表され、同年3月に販売が開始された。

今回試乗した「クーパー」の4WD車は、2013年9月に登場。これにより「MINIペースマン」のバリエーションは全5種類となった。


    今回試乗した「クーパー」の4WD車は、2013年9月に登場。これにより「MINIペースマン」のバリエーションは全5種類となった。
同じ「クーパー」の4WD車でも、AT仕様には最高出力122ps/4600rpm、最大トルク19.4kgm/1350-4600rpmのターボエンジンが搭載される。なお、MT仕様にはFF車と同じスペックの自然吸気エンジンが搭載される。
同じ「クーパー」の4WD車でも、AT仕様には最高出力122ps/4600rpm、最大トルク19.4kgm/1350-4600rpmのターボエンジンが搭載される。なお、MT仕様にはFF車と同じスペックの自然吸気エンジンが搭載される。
豊富なカラーバリエーションやオプション装備で、内外装を好きなように仕立てられるのも「MINI」の魅力。テスト車はメタリックペイントのボディーカラーやホワイトのボンネットストライプなどで、外装をコーディネートしていた。
豊富なカラーバリエーションやオプション装備で、内外装を好きなように仕立てられるのも「MINI」の魅力。テスト車はメタリックペイントのボディーカラーやホワイトのボンネットストライプなどで、外装をコーディネートしていた。
関連記事
  • MINIクーパー ペースマン ALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2014.5.20 試乗記 「MINI ペースマン」に4WDの新グレードが登場。“ちょっと非力”だからこそ味わえるMINIならではの走りとともに、あらためてペースマンの魅力に触れた。
  • MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.12 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーD ペースマン」に試乗。強力なトルクと、しっかりストロークするサスペンションが織りなす走りに触れた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る