MINIクーパー ペースマン ALL4(4WD/6AT)

無駄を楽しめる人へ 2014.05.20 試乗記 「MINI ペースマン」に4WDの新グレードが登場。“ちょっと非力”だからこそ味わえるMINIならではの走りとともに、あらためてペースマンの魅力に触れた。

ニッチな願いをかなえるクルマ

「クロスオーバー」があるんだから「ペースマン」は要らないだろう?

ペースマンが登場したとき一瞬そう思ったが、「待てよ、ペースマンってありだよな……」と考え直す自分がいた。いまは家族がいて、なかなかクーペに手を出せないが、20代独身の頃はクーペしか頭になかった。どうして、ふだん1~2人しか乗らないのに後ろのドアが必要なんだ。そのために、せっかくのスポーティーなフォルムを諦める必要がどこにあるのかと。

MINIのクロスオーバー風はほしいけど、4ドアは絶対イヤだ。かといって、MINIでもクーペでもない……。そんなわがままをいうヤツは少数派かもしれないが、このペースマンの登場により好きなクルマに乗れると喜んでいる人がいるに違いない。こだわる人の願いをかなえるクルマ……それが、ペースマンであり、MINIなのだ。

そんなペースマンが日本で発売されたのは2013年3月2日のこと。その時点では自然吸気(NA)の1.6リッターエンジンを積む「クーパー ペースマン」と、1.6リッターターボの「クーパーS ペースマン」、そしてその4WD仕様である「クーパーS ペースマン ALL4」という顔ぶれだった。そして、遅れて登場したのが、クーパー ペースマンの4WD仕様である「クーパー ペースマン ALL4」。今回はこのAT版を試乗した。

MINIのウェブサイトを見ると、FFのクーパー ペースマンとクーパー ペースマン ALL4のAT版の車両重量はそれぞれ1360kgと1440kg。4WD化により80kg重くなった計算だ。これをカバーするためか、AT仕様ではエンジンがターボ付きに変更されていて、FFが最高出力122ps/6000rpm、最大トルク16.3kgm/4250rpmであるのに対し、4WDは122ps/4600rpm、19.4kgm/1350-4600rpmと、低回転からトルクが厚みを増しているのがわかる。果たして、クーパー ペースマン ALL4の走りは?

「MINIペースマン」は、「MINIクロスオーバー」とプラットフォームを共有するクーペモデル。2013年2月に発表され、同年3月に販売が開始された。


    「MINIペースマン」は、「MINIクロスオーバー」とプラットフォームを共有するクーペモデル。2013年2月に発表され、同年3月に販売が開始された。

今回試乗した「クーパー」の4WD車は、2013年9月に登場。これにより「MINIペースマン」のバリエーションは全5種類となった。


    今回試乗した「クーパー」の4WD車は、2013年9月に登場。これにより「MINIペースマン」のバリエーションは全5種類となった。
同じ「クーパー」の4WD車でも、AT仕様には最高出力122ps/4600rpm、最大トルク19.4kgm/1350-4600rpmのターボエンジンが搭載される。なお、MT仕様にはFF車と同じスペックの自然吸気エンジンが搭載される。
同じ「クーパー」の4WD車でも、AT仕様には最高出力122ps/4600rpm、最大トルク19.4kgm/1350-4600rpmのターボエンジンが搭載される。なお、MT仕様にはFF車と同じスペックの自然吸気エンジンが搭載される。
豊富なカラーバリエーションやオプション装備で、内外装を好きなように仕立てられるのも「MINI」の魅力。テスト車はメタリックペイントのボディーカラーやホワイトのボンネットストライプなどで、外装をコーディネートしていた。
豊富なカラーバリエーションやオプション装備で、内外装を好きなように仕立てられるのも「MINI」の魅力。テスト車はメタリックペイントのボディーカラーやホワイトのボンネットストライプなどで、外装をコーディネートしていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIペースマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る