「BMW 6シリーズ」の安全装備が一段と充実

2014.05.08 自動車ニュース
「BMW 6シリーズ グランクーペ」
「BMW 6シリーズ グランクーペ」

「BMW 6シリーズ」の安全装備が一段と充実

BMWジャパンは2014年5月8日、運転支援システムをより充実させた、ラグジュアリーモデル「BMW 6シリーズ」の販売を開始した。

「6シリーズ クーペ」
「6シリーズ クーペ」
「6シリーズ カブリオレ」
「6シリーズ カブリオレ」

今回、「M6」を含む「6シリーズ」の全モデルラインナップに対して、「iDriveコントローラー」に指先を使った手書き入力や地図の拡大/縮小を可能とするタッチパッドが与えられた。

このうち、ハイパフォーマンスモデルの「M6クーペ/カブリオレ/グランクーペ」とV8モデルの「650iクーペ/カブリオレ/グランクーペ」は、死角を走行する他車両の存在を知らせることで安全な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」も標準装備となる。

さらに「650iクーペ/カブリオレ/グランクーペ」には、前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する「アクティブ・クルーズ・コントロール」も搭載される。
これまでも装備されていた「衝突回避・被害軽減ブレーキ」についても、従来のカメラシステムにミリ波レーダーセンサーを加えることで、制御の精度が高められている。

各モデルの価格は、以下の通り。

・640iクーペ:972万円
・640iカブリオレ:1070万円
・640iグランクーペ:1024万円
・650iクーペ:1304万円
・650iカブリオレ:1402万円
・650iグランクーペ:1327万円
・M6クーペ:1760万円
・M6カブリオレ:1827万円
・M6グランクーペ:1796万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

6シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW M235i クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2014.5.5 試乗記 車名も新たに、BMWのラインナップに加えられた「2シリーズ クーペ」。その走りは、どれほどのものなのか? 高性能バージョン「M235i」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る