「BMW 6シリーズ」の安全装備が一段と充実

2014.05.08 自動車ニュース
「BMW 6シリーズ グランクーペ」
「BMW 6シリーズ グランクーペ」

「BMW 6シリーズ」の安全装備が一段と充実

BMWジャパンは2014年5月8日、運転支援システムをより充実させた、ラグジュアリーモデル「BMW 6シリーズ」の販売を開始した。

「6シリーズ クーペ」
「6シリーズ クーペ」
「6シリーズ カブリオレ」
「6シリーズ カブリオレ」

今回、「M6」を含む「6シリーズ」の全モデルラインナップに対して、「iDriveコントローラー」に指先を使った手書き入力や地図の拡大/縮小を可能とするタッチパッドが与えられた。

このうち、ハイパフォーマンスモデルの「M6クーペ/カブリオレ/グランクーペ」とV8モデルの「650iクーペ/カブリオレ/グランクーペ」は、死角を走行する他車両の存在を知らせることで安全な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」も標準装備となる。

さらに「650iクーペ/カブリオレ/グランクーペ」には、前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する「アクティブ・クルーズ・コントロール」も搭載される。
これまでも装備されていた「衝突回避・被害軽減ブレーキ」についても、従来のカメラシステムにミリ波レーダーセンサーを加えることで、制御の精度が高められている。

各モデルの価格は、以下の通り。

・640iクーペ:972万円
・640iカブリオレ:1070万円
・640iグランクーペ:1024万円
・650iクーペ:1304万円
・650iカブリオレ:1402万円
・650iグランクーペ:1327万円
・M6クーペ:1760万円
・M6カブリオレ:1827万円
・M6グランクーペ:1796万円

(webCG)

関連キーワード:
6シリーズ クーペM6クーペM6カブリオレM6グランクーペ6シリーズ カブリオレ6シリーズ グランクーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る