日産セレナ ライダー ブラックライン ZZ、発売

2014.05.08 自動車ニュース
「日産セレナ ライダー ブラックライン ZZ」(以下同じ)
「日産セレナ ライダー ブラックライン ZZ」(以下同じ)

「日産セレナ ライダー ブラックライン ZZ」発売

日産自動車の関連会社 オーテックジャパンは2014年5月8日、ミニバン「日産セレナ」の特別仕様車「ライダー ブラックライン ZZ(ダブルズィー)」を発売した。

 

今回の「ライダー ブラックライン ZZ」は、オーテックが手掛ける“カスタムカー”「日産セレナ ライダー」シリーズに、さらにドレスアップ用アイテムを追加した特別仕様車だ。

主な特別装備は、バンパー組み込み式のLEDフォグランプやブラックライン ZZ専用のバックドアモール。これまでオプション扱いだった「ライダー専用フロントプロテクター」「ライダー専用LEDデイタイムランニングライト」も標準で備わる。
価格は、319万6800円から353万1600円まで。

あわせて、専用のサスペンションやマフラー、シャシーの補強材で走行性能を高めた「ライダー パフォーマンススペック ブラックライン ZZ」もラインナップされる。
こちらの価格は、342万3600円と351万7560円。

なお、これら特別仕様車の発売にあわせて、セレナのライダーシリーズ全車のフロントドアガラスは「スーパーUVカット断熱グリーンガラス」に変更された。

(webCG)

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)【試乗記】 2012.8.31 試乗記 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)
    ……360万450円

    マイナーチェンジで新しいハイブリッド技術「S-HYBRID」を採用した「日産セレナ」。「スマートシンプルハイブリッド」と呼ばれる、低コストの次世代マイクロハイブリッドを体験した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • より広く、より便利になった新型「日産セレナ」登場 2016.8.24 自動車ニュース 日産が主力ミニバンの新型「セレナ」を発売。5代目となる新型は、5ナンバークラスのボディーサイズを保ちつつ、さらに車内空間を拡大。利便性を高める「デュアルバックドア」や、先進の運転支援システム「プロパイロット」もトピックである。
  • フィアット500に“てんとう虫”をモチーフにした廉価な限定車が登場 2017.5.24 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る