「日産スカイライン」に555台の特別限定車

2011.12.19 自動車ニュース

「日産スカイライン」に555台の特別限定車

日産自動車は2011年12月19日、「スカイライン」に特別仕様車「55th Limited」を設定し、555台限定で発売した。

今回設定された「55th Limited」は、スカイラインセダンの誕生55周年を記念した特別限定車だ。

3.7リッターV6エンジン搭載の「370GT Type SP」と2.5リッターV6エンジン搭載のFR車「250GT Type P」と4WD車「250GT FOUR Type P」の3グレードに、専用ボディーカラー「ガーネットブラックパール」を設定。インテリアには、前席に55周年記念刺しゅうが施されたアニバーサリーレッドの本革シートが採用される。

3グレード合わせて555台の限定販売となり、受付は2013年4月30日受注分まで。それ以前に555台の受注があれば、その時点で受付終了となる。

価格は以下のとおり。いずれもベース車より10万5000円高となる。
・「370GT Type SP 55th Limited」:451万5000円
・「250GT Type P 55th Limited」:399万円
・「250GT FOUR Type P 55th Limited」:422万1000円

(webCG ワタナベ)

「スカイライン 250GT Type P 55th Limited」
「スカイライン 250GT Type P 55th Limited」 拡大

「日産スカイライン」に555台の特別限定車の画像 拡大

「日産スカイライン」に555台の特別限定車の画像 拡大

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
  • 第2回:独創のGT-R
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る