マセラティが戦略価格の「ギブリ」を発売

2014.05.10 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ」
「マセラティ・ギブリ」

マセラティが戦略価格の「ギブリ」を発売

マセラティ ジャパンは2014年5月9日、同社の主力モデルとなるスポーツセダン「ギブリ」のベースグレードを発売した。

「ギブリ」の登場により、同シリーズの全3グレードがすべて出揃った。
「ギブリ」の登場により、同シリーズの全3グレードがすべて出揃った。
「ギブリ」に続き、2015年の市場投入が計画されているSUVの「レヴァンテ」。
「ギブリ」に続き、2015年の市場投入が計画されているSUVの「レヴァンテ」。
発表会で登壇するマセラティ ジャパンのファブリッツィオ・カッツォーリ代表取締役社長。
発表会で登壇するマセラティ ジャパンのファブリッツィオ・カッツォーリ代表取締役社長。

■価格を抑えて拡販を目指す

「マセラティ・ギブリ」の車両本体価格は834万円(8%の消費税込み)。2013年11月に発表された同シリーズの上級モデルである「ギブリS」(967万円)や四輪駆動仕様の「ギブリS Q4」(1039万円)と比べて割安に設定されている。マセラティ ジャパンはこの“戦略的な価格”を武器に高級車セグメントでのシェア拡大を目指す。

エンジンは3リッターV6ターボ。トランスミッションも他の上級グレードと同様に8段ATとなるが、最高出力は410psではなく330psに抑えられている。動力性能は0-100km/h加速が5.6秒で最高速が263km/h。

「2015年に年間生産5万台達成」という経営目標を掲げているマセラティは、全世界的に拡販の攻勢をかけており、2012年には6288台だった世界販売台数を2013年には1万5400台まで伸ばした。ギブリシリーズは目標達成に向けた第2弾の商品と位置付けられており、同社飛躍のキーを担う。

マセラティの販売は同社にとって世界第3位のマーケットである日本でも好調に推移しており、2012年には311台だった販売台数を2013年には491台まで伸ばした。販売店網の整備にも積極的に取り組んでおり、2014年中には全国に22店舗を構える予定だ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
ホームへ戻る