マセラティが戦略価格の「ギブリ」を発売

2014.05.10 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ」
「マセラティ・ギブリ」

マセラティが戦略価格の「ギブリ」を発売

マセラティ ジャパンは2014年5月9日、同社の主力モデルとなるスポーツセダン「ギブリ」のベースグレードを発売した。

「ギブリ」の登場により、同シリーズの全3グレードがすべて出揃った。
「ギブリ」の登場により、同シリーズの全3グレードがすべて出揃った。
「ギブリ」に続き、2015年の市場投入が計画されているSUVの「レヴァンテ」。
「ギブリ」に続き、2015年の市場投入が計画されているSUVの「レヴァンテ」。
発表会で登壇するマセラティ ジャパンのファブリッツィオ・カッツォーリ代表取締役社長。
発表会で登壇するマセラティ ジャパンのファブリッツィオ・カッツォーリ代表取締役社長。

■価格を抑えて拡販を目指す

「マセラティ・ギブリ」の車両本体価格は834万円(8%の消費税込み)。2013年11月に発表された同シリーズの上級モデルである「ギブリS」(967万円)や四輪駆動仕様の「ギブリS Q4」(1039万円)と比べて割安に設定されている。マセラティ ジャパンはこの“戦略的な価格”を武器に高級車セグメントでのシェア拡大を目指す。

エンジンは3リッターV6ターボ。トランスミッションも他の上級グレードと同様に8段ATとなるが、最高出力は410psではなく330psに抑えられている。動力性能は0-100km/h加速が5.6秒で最高速が263km/h。

「2015年に年間生産5万台達成」という経営目標を掲げているマセラティは、全世界的に拡販の攻勢をかけており、2012年には6288台だった世界販売台数を2013年には1万5400台まで伸ばした。ギブリシリーズは目標達成に向けた第2弾の商品と位置付けられており、同社飛躍のキーを担う。

マセラティの販売は同社にとって世界第3位のマーケットである日本でも好調に推移しており、2012年には311台だった販売台数を2013年には491台まで伸ばした。販売店網の整備にも積極的に取り組んでおり、2014年中には全国に22店舗を構える予定だ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギブリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • ボルボの最上級モデル「S90/V90/V90クロスカントリー」発売 2017.2.22 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月22日、ラインナップの最上級モデルとなるセダン「S90」とワゴン「V90」、クロスオーバー「V90クロスカントリー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る