「アウディR8」がレーザーハイビームを搭載

2014.05.10 自動車ニュース
「アウディR8 LMX」
「アウディR8 LMX」

「アウディR8」がレーザーハイビームを搭載

独アウディは2014年5月9日、ヘッドランプのハイビームにレーザー光源を用いた「アウディR8 LMX」を発表した。全世界99台の限定車で、欧州では2014年の夏に納車が始まる予定。

■照射範囲はLEDヘッドライトの2倍

今回アウディR8 LMXに採用されるレーザーハイビームは、車速が60km/h以上に達するとレーザースポットがLEDハイビームを補完し、視認性を向上させるもの。照射範囲はオールLEDヘッドライトの2倍におよぶ。

レーザーハイビーム用モジュールはダイオード径は300ミクロンのレーザーダイオードからなる。これが波長450ナノメートルの青いレーザービームを発し、蛍光体コンバーターを使って路面照射に適した色温度5500ケルビンの白色灯に変換する。

アウディは2014年1月、家電の見本市である「2014 International CES」(開催地:米国ラスベガス)で、ヘッドランプのハイビームにレーザー光源を用いたプラグインハイブリッド車のコンセプトカー「スポーツクワトロ レーザーライト コンセプト」を公開していた。また同様のヘッドライトがFIA世界耐久選手権(WEC)の参戦車両「R18 e-tron quattro」に採用されており、2014年6月のルマン24時間レースで使用される予定だ。

R8 LMXは、R8の“ルマンエディション”という位置付け。570psと55.1kgmをほこる5.2リッターV10エンジンを搭載し、0-100km/h加速を3.4秒でこなす。最高速は320km/h。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る