「アウディR8」がレーザーハイビームを搭載

2014.05.10 自動車ニュース
「アウディR8 LMX」
「アウディR8 LMX」

「アウディR8」がレーザーハイビームを搭載

独アウディは2014年5月9日、ヘッドランプのハイビームにレーザー光源を用いた「アウディR8 LMX」を発表した。全世界99台の限定車で、欧州では2014年の夏に納車が始まる予定。

■照射範囲はLEDヘッドライトの2倍

今回アウディR8 LMXに採用されるレーザーハイビームは、車速が60km/h以上に達するとレーザースポットがLEDハイビームを補完し、視認性を向上させるもの。照射範囲はオールLEDヘッドライトの2倍におよぶ。

レーザーハイビーム用モジュールはダイオード径は300ミクロンのレーザーダイオードからなる。これが波長450ナノメートルの青いレーザービームを発し、蛍光体コンバーターを使って路面照射に適した色温度5500ケルビンの白色灯に変換する。

アウディは2014年1月、家電の見本市である「2014 International CES」(開催地:米国ラスベガス)で、ヘッドランプのハイビームにレーザー光源を用いたプラグインハイブリッド車のコンセプトカー「スポーツクワトロ レーザーライト コンセプト」を公開していた。また同様のヘッドライトがFIA世界耐久選手権(WEC)の参戦車両「R18 e-tron quattro」に採用されており、2014年6月のルマン24時間レースで使用される予定だ。

R8 LMXは、R8の“ルマンエディション”という位置付け。570psと55.1kgmをほこる5.2リッターV10エンジンを搭載し、0-100km/h加速を3.4秒でこなす。最高速は320km/h。

(webCG)

関連キーワード:
R8アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
ホームへ戻る