第5戦スペインGP決勝結果【F1 2014 速報】

2014.05.11 自動車ニュース

【F1 2014 速報】第5戦スペインGP、ハミルトン4連勝、メルセデス4戦連続1-2フィニッシュ

F1世界選手権第5戦スペインGP決勝が、2014年5月11日、スペインはバルセロナ近郊のサーキット・デ・カタルーニャ(4.655km)を66周して行われた。

欧州ラウンド初戦を制したのは、またしてもメルセデスのルイス・ハミルトン。ポール・トゥ・ウィンで4連勝し、チャンピオンシップでも首位までのぼりつめた。
チームメイトのニコ・ロズベルグが0.6秒の僅差で4連続の2位。メルセデスは4レース続けての1-2フィニッシュ、開幕から全戦で優勝している。

3位に入ったのは、レッドブル・ルノーのダニエル・リカルド。2位ロズベルグには48秒以上もの差をつけられたが、開幕戦の失格で取り上げられた自身初表彰台をようやく勝ち取った。

予選Q3でトラブル、ギアボックス交換のペナルティーで5グリッド降格の15番手スタートだったレッドブルのセバスチャン・ベッテルが目覚ましい追い上げで4位フィニッシュ。スタートで3位にジャンプアップしたウィリアムズ・メルセデスのバルテリ・ボッタスは結局5位でチェッカードフラッグを受けた。

フェラーリにとってはまたしても傷心の週末。スペインの英雄フェルナンド・アロンソは予選でチームメイトに負けたものの決勝では追い抜くことに成功し6位、その僚友キミ・ライコネンは7位でレースを終えたが、優勝を狙えるようなパフォーマンスを発揮することはなかった。
復調のロータス・ルノーをけん引したロメ・グロジャンは予選5位、決勝では8位に落ちてしまったがチームに今季初ポイントを献上。セルジオ・ペレス9位、ニコ・ヒュルケンベルグ10位とフォースインディア・メルセデスがダブル入賞した。

以下、11位ジェンソン・バトン(マクラーレン・メルセデス)、12位ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)、13位フェリッペ・マッサ(ウィリアムズ)、14位ダニール・クビアト(トロロッソ・ルノー)、15位パストール・マルドナド(ロータス)、16位エステバン・グティエレス(ザウバー・フェラーリ)、17位エイドリアン・スーティル(ザウバー)、18位ジュール・ビアンキ(マルシャ・フェラーリ)、19位マックス・チルトン(マルシャ)、20位マーカス・エリクソン(ケータハム・ルノー)が完走した。

開幕からポイントリーダーの座を守ってきたロズベルグがついに陥落。4連勝で波に乗るハミルトンが100点を獲得し、3点差で首位に躍り出た。ドライバーズランキング3位はアロンソで49点、4位ベッテル45点、5位リカルド39点と続く。
コンストラクターズチャンピオンシップでは、1位メルセデスが197点と、2位レッドブルの84点を倍以上、上回っている。3位に上がったフェラーリは66点、4位に落ちたフォースインディア57点、5位はウィリアムズで46点を集めている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。