ポルシェ・パナメーラS E-ハイブリッド(FR/8AT)

ひたひたと寄せる新たな電化の波 2014.05.23 試乗記 「ハイブリッド」から「E-ハイブリッド」へ。「ポルシェ・パナメーラ」のハイブリッド仕様がプラグインテクノロジーを得て、また一歩、電気自動車に近づいた。その実力を探るために、高速道路あり、ワインディングロードありのワンデイドライブに出た。

小次郎、待たせたな! のタイミング

さすがはポルシェ、まるで巌流島の宮本武蔵のような登場ではないか。
というのも、昨年、フェイスリフトにとどまらず搭載エンジンの変更やロングホイールベース版の追加など、「パナメーラ」シリーズが大幅なマイナーチェンジを受けた際にデビューしたのが「パナメーラS E-ハイブリッド」であり、国内での受注そのものも実は丸1年も前に始まっていた。従来型より格段に“電動系”を強化し、プラグインハイブリッドに進化したパナメーラS E-ハイブリッドの国内向けデリバリーはこの4月にようやく始まったが、そのタイミングには十分に間合いを計ったような、どうにも戦略的な匂いを感じてしまうのだ。

ひとつには一時の熱気がうそのように“EV”ブームが落ち着いたこと。日産リーフがデビューした直後は、今日明日にでも自動車はすべて電動化すると言わんばかりのヒートアップぶりだったけれど、結局電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)は今もそれほどの勢力にはなっていないことは周知の通り。ご存じのように日産は当初、2016年度までに世界で150万台のEVを販売するという計画を立てていたが、その先兵たる「リーフ」は度々の値下げにもかかわらず、2010年末から現在までの累計台数はトータルで10万台程度、そのうち国内では3万7000台にとどまっているのが実情だ。しかもレンタカーや自治体などの車両が少なからず含まれているはずだから、個人所有の本当の自家用車となるともっと少ないものと推測される。もちろん着実に増えてはいるのだが、本当にEVやPHVが必要な人、その特徴を十分に活用できる人は思っていたより、あるいはメーカーが主張していたよりもずっと限られていたということだ。

ブームが一段落してユーザーがそれぞれの長所と短所を冷静に判断するようになった頃合いを見計らったように、海外勢のユニークな電動車両が続々と上陸している。ちょうど同じ時期にはBMWの野心作である「i3」のデリバリーが始まり、間もなくフォルクスワーゲンもそれに続く予定だ。そしてポルシェである。「918スパイダー」の準備が整い、「919ハイブリッド」で世界耐久選手権とルマン24時間に挑戦を始めた今シーズンに合わせてのプラグイン・パナメーラの投入は、新型車投入の効果を最大限にするために間合いを計っていたのではないか、と見るのは考えすぎだろうか。

フロントドアの前端に「e-hybrid」のオーナメント。差し色の「アシッドグリーン」は、ポルシェのプラグインテクノロジーのテーマカラー。
ハイブリッドパワーユニットは直噴の3リッターV6スーパーチャージャー付きガソリンエンジン(333ps、44.9kgm)と交流同期モーター(95ps、31.6kgm)で構成される。システムの最高出力は416ps(306kW)で最大トルクは60.2kgm(590Nm)。
ハイブリッドパワートレインを上から見る。車両の前部(写真左)からエンジン、デカプラー(クラッチ)、モーター、8段ATの順。エンジンの左側にあるのはインバーターとDCコンバーターからなる「パワーエレクトロニクス」。駆動用バッテリーはリアオーバーハングに搭載され、その右側に充電用の「オンボードチャージャー」が配置される。(イラスト=ポルシェ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る