第347回:ランチア終了のお知らせ? アルファ・ロメオ分離独立? 気になるフィアットの近未来

2014.05.16 エッセイ

本社をロンドンに移転

ヨーロッパはイースター(キリスト教復活祭)とメーデー休暇が終わり、自動車販売はこれから夏休み前の7月上旬まで気合が入る季節だ。そうしたなか、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は2014年5月6日、ミシガン州オーバーン・ヒルズのクライスラー本社で、経営5カ年計画を発表した。今回はその内容と、関連するさまざまなトピックをまとめてお伝えしながら、近未来のFCAの姿を占ってみたい。

席上セルジオ・マルキオンネCEOは、2018年までに総額300億ユーロ(約4兆2300億円)を投資し、グループ全体で年間700万台の販売体制を目指すことを明らかにした。
また同氏は質疑応答で「自らを含む取締役の拠点をロンドンに移すつもりである」と発言して話題を呼んだ。FCAはすでに法律上の本社をオランダに移しており、それに合わせて税務上の本社をイギリスに移す計画が模索されていることが伝えられていたが、今回は総司令部もロンドンに置くという構想があることを認めたものだ。
ただしマルキオンネ氏は、イタリア、特に現在フィアット本社があるトリノの動揺を考慮してのことだろう「スタッフは世界各国に点在させる」と、フォローした。

フィアットと広汽集団との合弁会社による中国専用車「オッティモ」。2014年4月、北京モーターショーで。
フィアットと広汽集団との合弁会社による中国専用車「オッティモ」。2014年4月、北京モーターショーで。
北京モーターショーのフィアットブースで。
北京モーターショーのフィアットブースで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。