スバル「フォレスター」により豪華な特別仕様車

2014.05.27 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSight Advantage Line(アドバンテージライン)」
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSight Advantage Line(アドバンテージライン)」

スバル「フォレスター」により豪華な特別仕様車

富士重工業は2014年5月27日、SUV「フォレスター」に特別仕様車「2.0XT EyeSight Advantage Line(アドバンテージライン)」を設定し、5月30日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、2リッターターボエンジンを搭載したフォレスターの最上級グレード「2.0XT EyeSight」をベースに、内外装をより上質な仕様としたものである。

具体的な内容は、以下の通り。

■エクステリア
・18インチアルミホイール(ハイラスター塗装)
・サテンメッキドアミラー

■インテリア
・ウルトラスエードシート(ブルーステッチ)
・ウルトラスエードドアトリム(ブルーステッチキルト加飾)
・スライド機構付きコンソールリッド(ブルーステッチ)
・高級本革巻きステアリングホイール(ダークキャストメタリック加飾)
・ブルーメタリックドレープ加飾パネル
・シルバーリング付きピアノブラック調エアコンスイッチ

ボディーカラーは「サテンホワイト・パール」「アイスシルバー・メタリック」「ダークグレー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」「ディープシーブルー・パール」「ヴェネチアンレッド・パール」の全6色。価格は307万4760円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る