ジャガーがオリジナル「Eタイプ」を再生産

2014.05.14 自動車ニュース
「ジャガーEタイプ ライトウェイト」が50余年の時を経て再び“新車生産”される。
「ジャガーEタイプ ライトウェイト」が50余年の時を経て再び“新車生産”される。

ジャガーがオリジナル「Eタイプ」を再生産

英ジャガーは2014年5月14日、1963年に生産された「Eタイプ」のレース向けライトウェイト仕様を、新車として6台再生産すると発表した。

ボディーはオールアルミ製。生産はジャガー社内のクラフトマンが担当する。
ボディーはオールアルミ製。生産はジャガー社内のクラフトマンが担当する。
「Eタイプ ライトウェイト」の当時の姿。ボディーにアルミを採用したほか、内装や外装のパーツを省略することで標準型から約114kg軽量化されていた。
「Eタイプ ライトウェイト」の当時の姿。ボディーにアルミを採用したほか、内装や外装のパーツを省略することで標準型から約114kg軽量化されていた。

ジャガーがオリジナル「Eタイプ」を再生産の画像

ジャガーがオリジナル「Eタイプ」を再生産の画像

■当時の形と性能を完璧に再現

当時「Eタイプ ライトウェイト」は全18台生産される予定だったが、12台生産されたところで中止された。今回の再生産プロジェクトは、残る6台を作るのが目的。新たに生産される車両には、当時割り振られる予定だったシャシーナンバーが与えられる。

生産はジャガー社内のクラフトマンが手作業で行う。特徴的なボディーを完璧に再現するだけでなく、3.8リッター直6エンジンも新たに製造し、当時とまったく同じ性能を目指すという。最初の完成車は2014年の夏にお披露目される予定。

Eタイプ ライトウェイトは、1963年から1964年にかけて生産された。ボディーをオールアルミ製としたほか、内装材や外装のクロムパーツなどを省略するなどして、標準型より約114kg(250ポンド)の軽量化を実現していた。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。