GM、新型クロスオーバー車を出展【デトロイトショー2012】

2011.12.19 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】ゼネラルモーターズ、新型クロスオーバー車「ビュイック・アンコール」を出展

米ゼネラルモーターズ(GM)は2012年1月9日に開幕する北米国際オートショー(通称デトロイトショー)に、新型クロスオーバー車「ビュイック・アンコール」を出展すると発表した。

「アンコール」は、GMによるビュイック・ラインナップ拡充計画の一翼を担うモデルで、同社が推進する「電動化」技術が適用される新世代モデルのひとつでもある。このGMの電動化プランには、「ボルト」のようなレンジエクステンダー(航続距離延長装置)付き電気自動車(=プラグインハイブリッド車)のほか、回生ブレーキによる“小規模発電”が可能な「マイルドハイブリッド」車までが含まれ、「アンコール」は後者となる。

事前に公開された資料によると同モデルは、近代的なデザイン、優れた静粛性、そして乗員をもてなす快適性が追求されているという。

(webCG 曽宮)

「ビュイック・アンコール」
「ビュイック・アンコール」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。