トヨタ・ヴィッツ 1.3ジュエラ(FF/CVT)/パッソ 1.0+Hana(FF/CVT)

“男前”と“ゆるふわ系” 2014.05.19 試乗記 マイナーチェンジで新しい低燃費エンジンを搭載した「ヴィッツ」と「パッソ」。似ているようで似ていないこの2台を乗り比べた。

キーンルックで引き締まった表情に

ちょっと意外に感じたのだが、トヨタの「ヴィッツ」と「パッソ」が時を同じくして改良を受けるのは初めてのことだそうだ。ベーシックラインを固める2台はエンジンを共用していて、兄弟車と言ってもいい存在だ。価格を見ても、最廉価グレードでは6万円弱の差しかない。しかし、ヴィッツとパッソは似ているようでまったく異なる性格のクルマである。試乗会で2台を乗り比べることができ、そのことを実感した。

どちらも、女性ユーザーが多いモデルではあるが、パッソの女性比率が8割ほどなのに対しヴィッツの男女比はほぼ同じだ。ただヴィッツには、ベーシックな「F」、上級の「U」、1.5リッターエンジンを搭載したスポーティーな「RS」に加え、女性向けに特化したグレードの「Jewela(ジュエラ)」が設定されている。試乗したのはこのグレードで、派手なチェリーパールクリスタルシャインに塗られていた。標準車では選ぶことのできない外装色である。しかも内装色はバーガンディーで、ドアミラーとドアハンドルをメッキ加飾するシャイニーデコレーションがオプションで付いていた。完全無欠の女子仕様である。

もちろん、女性向けグレードもマイナーチェンジの変更点は同じだ。顔つきははっきりと変わった。フロントマスクには、「オーリス」から取り入れられた「キーンルック」を適用した。もともとヴィッツはメリハリのある彫りの深い表情だったが、さらにキリリと引き締まった。

デザイン言語の理解が深まったのか、オーリスよりも巧みな造形に見える。ブラックやグレーメタリックなどではすごみを感じさせるが、派手なピンクだとオシャレ感が出る。このチェリーパールクリスタルシャインは「クラウン」のピンクよりは少し濃い色で、アルミ箔(はく)を混ぜてキラキラ光らせている。

テスト車は「ヴィッツ ジュエラ」の1.3リッターモデル。
テスト車は「ヴィッツ ジュエラ」の1.3リッターモデル。
フロントグリルの形状が変更され、より引き締まった印象となった。
フロントグリルの形状が変更され、より引き締まった印象となった。
テスト車の内装色は「ジュエラ」専用のバーガンディーだが、ブラックも選択できる。
テスト車の内装色は「ジュエラ」専用のバーガンディーだが、ブラックも選択できる。
99psと12.3kgmを発生する新開発の1.3リッター直4エンジンは、燃費改善と損失低減により最大熱効率38%を達成。
99psと12.3kgmを発生する新開発の1.3リッター直4エンジンは、燃費改善と損失低減により最大熱効率38%を達成。

トヨタ・ヴィッツ 1.3ジュエラ(FF/CVT)/パッソ 1.0+Hana(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る