「プジョー208」に全仏オープン仕様の限定車

2014.05.15 自動車ニュース
「プジョー208 ROLAND GARROS(ロラン ギャロス)」
「プジョー208 ROLAND GARROS(ロラン ギャロス)」
    拡大

「プジョー208」に全仏オープン仕様の限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年5月15日、コンパクトカー「プジョー208」に特別仕様車「ROLAND GARROS(ロラン ギャロス)」を設定し、6月7日より100台限定で販売すると発表した。

今回の特別仕様車は、プジョーの全仏オープンテニス協賛30周年を記念したもので、専用にコーディネートされた内外装を特徴としている。

装備などの具体的な内容は、以下の通り。

■ボディーカラー
サテン・ホワイト(新色、パールペイント)

■エクステリア
・PEUGEOTオレンジレタリング(前後)
・オレンジドアミラーカバー
・ロゴステッカー(フロントドア、リアゲート)
・フロントガラス上部のオレンジライン
・オレンジアクセント入り16インチアロイホイール

■インテリア
・インストゥルメントパネル(カラーマルチファンクションディスプレイ)
・専用レザーシート(ラマ&スターリングシルバーのツートンカラー、オレンジステッチ入り)
・ドアインナーグリップ(オレンジライン入り)
・ステップガード
・刺しゅう入りフロアマット

価格は、ベースとなった「シエロ」から10万円アップの257万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
208プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る