ホンダ、軽乗用車「N-ONE」をマイナーチェンジ

2014.05.15 自動車ニュース
「ホンダN-ONE」
「ホンダN-ONE」

ホンダ、軽乗用車「N-ONE」をマイナーチェンジ

本田技研工業は2014年5月15日、軽乗用車「N-ONE」をマイナーチェンジし、同年5月16日に発売すると発表した。

シティーブレーキアクティブシステムとは、低速域衝突軽減ブレーキ機能と誤発進抑制機能からなる、ホンダの安全運転支援システムだ。
シティーブレーキアクティブシステムとは、低速域衝突軽減ブレーキ機能と誤発進抑制機能からなる、ホンダの安全運転支援システムだ。
IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス
IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス
新たに設定された、ボディーカラーと同色のインテリアパネル。
新たに設定された、ボディーカラーと同色のインテリアパネル。

今回のマイナーチェンジでは、シティーブレーキアクティブシステムと、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステムの3点をセットにした「あんしんパッケージ」を、「G」を除く全グレードに標準装備。Gにオプション設定した。

また、エンジンのフリクション低減や熱効率改善などにより燃費性能も改善。「G」「G・Aパッケージ」「プレミアム」のFF車では、28.4km/リッターを実現している(JC08モード)。

快適装備の強化も図っており、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンを全グレードに、IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラスとIRカット(遮熱)/スーパーUVカットフロントドアガラスを、Gを除く全グレードに採用した。

このほかにも、ボディーカラーに「フレッシュライム・メタリック」「ホライゾンターコイズ・パール」「フレッシュライム・メタリック×タフタホワイト(2トーン)」「ホライゾンターコイズ・パール×スタリーシルバー・メタリック(2トーン)」の4種類を追加し、全25種類にカラーバリエーションを強化。新たに外装色と同色にコーディネートしたインテリアパネルを設定した。

価格は118万5000円~179万2829円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-ONEホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-BOXカスタムG・EXターボHonda SENSINGプロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記