トヨタ・ヴィッツ/パッソ 開発者インタビュー

女心を追い求めるオジサンたち 2014.05.21 試乗記 トヨタ自動車
製品企画本部
ZP チーフエンジニア
金森善彦(かなもり よしひこ)さん

女性ユーザーの占める割合が多いトヨタの「ヴィッツ」と「パッソ」。「女心」をつかむためのこだわりを開発者に聞いた。

年齢層より、趣味嗜好

「ヴィッツ」と「パッソ」がほぼ同時に改良されたことで、試乗会も合同で行われた。両方の開発をまとめたのが、チーフエンジニアの金森善彦さんである。それぞれのクルマの主査の方を交え、ヴィッツとパッソの目指す方向について話を伺った。

1週間の差でヴィッツとパッソを発売することができたので、こうして役割分担をわかっていただくことができます。

――この2台は、ユーザー層は重なる部分もありますよね?

どちらも女性ユーザーが多いのは確かですが、求めるものはかなり違います。パッソはいわゆるカワイイ系で、ヴィッツはもう少しオトナでオシャレ系という感じです。

――パッソのほうが年齢層が若いんですか?

そうとも言えなくて、ヴィッツもパッソも若い人からシニアまで幅広いんですよ。40代、50代の方にもパッソのふわっとした優しい感じが好評で、きれいなピンクのボディーカラーを選んでいかれます。実際の年齢というより、趣味とか嗜好(しこう)の問題なんですよね。メカニズムとか歴史に付加価値を求める男性と違って、女性は洋服を選ぶのと同じ感覚なんです。それも2通りあって、自分のファッションとのマッチングを考えて選ぶ方と、“とにかくこれが好き!”という一直線な方がいます。

――女性向けのクルマ開発は、男性向けとはちょっと違う……。

オジサンの考えで作ると、だいたいはハズれますよ(笑)。

<プロフィール>
1982年入社。ボデー設計部、先行車両開発企画室などを経て、2004年に第2トヨタセンター製品企画室にて「オーリス」「ブレイド」のチーフエンジニア(CE)、2007年レクサス本部製品企画で「GS」のCEを担当。2013年より製品企画本部でスモール系車両のCEを務める。
<プロフィール>
    1982年入社。ボデー設計部、先行車両開発企画室などを経て、2004年に第2トヨタセンター製品企画室にて「オーリス」「ブレイド」のチーフエンジニア(CE)、2007年レクサス本部製品企画で「GS」のCEを担当。2013年より製品企画本部でスモール系車両のCEを務める。
「ヴィッツ」のボディーカラーは17色が用意される。写真は「チェリーパールクリスタルシャイン」。
「ヴィッツ」のボディーカラーは17色が用意される。写真は「チェリーパールクリスタルシャイン」。

トヨタ・ヴィッツ/パッソ【開発者インタビュー】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る