トヨタ・ヴィッツ/パッソ 開発者インタビュー

女心を追い求めるオジサンたち 2014.05.21 試乗記 トヨタ自動車
製品企画本部
ZP チーフエンジニア
金森善彦(かなもり よしひこ)さん

女性ユーザーの占める割合が多いトヨタの「ヴィッツ」と「パッソ」。「女心」をつかむためのこだわりを開発者に聞いた。

年齢層より、趣味嗜好

「ヴィッツ」と「パッソ」がほぼ同時に改良されたことで、試乗会も合同で行われた。両方の開発をまとめたのが、チーフエンジニアの金森善彦さんである。それぞれのクルマの主査の方を交え、ヴィッツとパッソの目指す方向について話を伺った。

1週間の差でヴィッツとパッソを発売することができたので、こうして役割分担をわかっていただくことができます。

――この2台は、ユーザー層は重なる部分もありますよね?

どちらも女性ユーザーが多いのは確かですが、求めるものはかなり違います。パッソはいわゆるカワイイ系で、ヴィッツはもう少しオトナでオシャレ系という感じです。

――パッソのほうが年齢層が若いんですか?

そうとも言えなくて、ヴィッツもパッソも若い人からシニアまで幅広いんですよ。40代、50代の方にもパッソのふわっとした優しい感じが好評で、きれいなピンクのボディーカラーを選んでいかれます。実際の年齢というより、趣味とか嗜好(しこう)の問題なんですよね。メカニズムとか歴史に付加価値を求める男性と違って、女性は洋服を選ぶのと同じ感覚なんです。それも2通りあって、自分のファッションとのマッチングを考えて選ぶ方と、“とにかくこれが好き!”という一直線な方がいます。

――女性向けのクルマ開発は、男性向けとはちょっと違う……。

オジサンの考えで作ると、だいたいはハズれますよ(笑)。

<プロフィール>
1982年入社。ボデー設計部、先行車両開発企画室などを経て、2004年に第2トヨタセンター製品企画室にて「オーリス」「ブレイド」のチーフエンジニア(CE)、2007年レクサス本部製品企画で「GS」のCEを担当。2013年より製品企画本部でスモール系車両のCEを務める。
<プロフィール>
    1982年入社。ボデー設計部、先行車両開発企画室などを経て、2004年に第2トヨタセンター製品企画室にて「オーリス」「ブレイド」のチーフエンジニア(CE)、2007年レクサス本部製品企画で「GS」のCEを担当。2013年より製品企画本部でスモール系車両のCEを務める。
「ヴィッツ」のボディーカラーは17色が用意される。写真は「チェリーパールクリスタルシャイン」。
「ヴィッツ」のボディーカラーは17色が用意される。写真は「チェリーパールクリスタルシャイン」。

トヨタ・ヴィッツ/パッソ【開発者インタビュー】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る