日産、2車種に創立80周年記念モデルを設定

2014.05.15 自動車ニュース
「日産リーフ 80th Special Color Limited(スペシャルカラーリミテッド)」
「日産リーフ 80th Special Color Limited(スペシャルカラーリミテッド)」

日産、「リーフ」と「キューブ」に創立80周年記念モデルを設定

日産自動車は2014年5月15日、自社の創立80周年を記念して、電気自動車「リーフ」とコンパクトカー「キューブ」に特別仕様車「80th Special Color Limited(スペシャルカラーリミテッド)」を設定。同日、販売を開始した。

「日産キューブ 80th Special Color Limited(スペシャルカラーリミテッド)」
「日産キューブ 80th Special Color Limited(スペシャルカラーリミテッド)」

日産、2車種に創立80周年記念モデルを設定の画像

日産、2車種に創立80周年記念モデルを設定の画像

日産、2車種に創立80周年記念モデルを設定の画像

今回の特別仕様車は、リーフの中間グレード「X」と、キューブの「15X」「15X Vセレクション」「15X FOUR」「15X FOUR Vセレクション」をベースに、専用の内外装デザインや追加装備を採用したものだ。

最大の特徴はボディーカラーにあり、かつて日産が「フェアレディZ」や「スカイラインGT-R」に採用していた色をモチーフにした、「プレミアムディープマルーン」「プレミアムサンフレアオレンジ」「オーロラフレアブルーパール」の3色の専用色を設定。これらとは別に「ブリリアントホワイトパール」も用意している。

また、エクステリアには専用ブロンズカラーのホイールカバーと電動格納式リモコンドアミラーを採用。リーフにはLEDヘッドランプ、オートライトシステム、バックビューモニターを、キューブにはメッキアウトサイドドアハンドルを特別装備している。

価格は以下の通り。
・リーフX 80thスペシャルカラーリミテッド:345万4920円
・キューブ15X 80thスペシャルカラーリミテッド:149万9040円
・キューブ15X Vセレクション 80thスペシャルカラーリミテッド:180万3600円
・キューブ15X FOUR 80thスペシャルカラーリミテッド:169万8840円
・キューブ15X FOUR Vセレクション 80thスペシャルカラーリミテッド:202万7160円

なお、日産ではコンパクトSUVの「ジューク」にも同様の特別仕様車を設定し、2014年夏に発売を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
キューブリーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る