スポーティーな装いのルノー・ルーテシア登場

2014.05.18 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア パック スポール」
「ルノー・ルーテシア パック スポール」

スポーティーな装いの「ルノー・ルーテシア」登場

ルノー・ジャポンは2014年5月18日、コンパクトカー「ルーテシア」に特別仕様車「パック スポール」を設定し、同年5月22日から50台限定で販売を行うと発表した。

今回の特別仕様車は、ルーテシアの中間グレード「ゼン」をベースに、「ルノー伝統のレーシングデザインを融合させた」という、専用の内外装デザインを採用したものである。

具体的な装備の内容は、以下の通り。
・「SPORT」デカール(ボンネット/ルーフ/左右フロントドア)
・16インチ ブラックアロイホイール
・クロムフィニッシャー
・パックデザイン スポール(ステアリング/左右エアコンフィニッシャー)

ボディーカラーは「ジョン エクレール」(30台)、「ノワール エトワールメタリック」(20台)の2色。価格は226万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る