第134回:これが明日の「ホンダイズム」! ホンダの次世代車に一気乗り

2011.12.18 エッセイ

第134回:これが明日の「ホンダイズム」!ホンダの次世代車に一気乗り

東京モーターショー開催中の2011年12月5日、ホンダはツインリンクもてぎで次世代技術の体験会「ホンダミーティング」を行った。話題の軽自動車「N BOX」から電動SH-AWDシステム搭載車までがずらりそろったこのイベントで、筆者は明日の「ホンダイズム」を体感することができたのか?

「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」とはホンダが掲げる次世代環境技術群のこと。その体験会がツインリンクもてぎで開催された。
「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」とはホンダが掲げる次世代環境技術群のこと。その体験会がツインリンクもてぎで開催された。
ホンダはさまざまなカテゴリーで3年以内に燃費ナンバーワンになることを目指している。写真は新型1.8リッターエンジン搭載の欧州向け「シビック」。
ホンダはさまざまなカテゴリーで3年以内に燃費ナンバーワンになることを目指している。写真は新型1.8リッターエンジン搭載の欧州向け「シビック」。
新開発の2.4リッターガソリンエンジン。
新開発の2.4リッターガソリンエンジン。

はじまりはいつも軽!?

「ホンダミーティング」を別の言葉で説明すると、ホンダの研究開発部門である本田技術研究所が主催する、メディア向けの新技術体験会となるだろうか。同様のイベントは過去にも、社長年央会見で市場投入が発表された新技術を「見せる場」として行われたことがある。しかし、今回は東日本大震災の影響で年央会見が中止されたので、東京モーターショーでの伊東孝紳社長のプレスブリーフィングの内容を反映したものとなった。

つまり四輪部門のメインテーマとなったのは、モーターショーで発表された「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」と呼ばれる新開発のエンジンやトランスミッション、あるいはモーターによる電動化技術だった。さまざまなカテゴリーで3年以内に燃費ナンバーワンを目指し、全世界で販売する二輪、四輪、汎用(はんよう)製品のCO2排出量を、2020年に2000年比で30%低減するという目標の核になる次世代新技術群である。

新しいエンジンについては、2.4リッターガソリンと1.6リッターディーゼルターボを、どちらも新開発CVTとの組み合わせで、「アコード」のボディーで試した。それにもまして印象に残ったのは、EARTH DREAMS TECHNOLOGYの第1弾として11月30日に発表された軽乗用車「N BOX」だった。コストの制約が厳しい軽自動車にいち早く新技術を投入する姿勢は、ホンダの四輪車の第1号が、DOHCエンジン搭載のトラック「T360」だったことに通じると言えるかもしれない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ