フォード・エコスポーツ タイタニアム(FF/6AT)

不変のフォードイズム 2014.05.22 試乗記 世界的に右肩上がりのコンパクト・クロスオーバー市場に、ニューフェイスの「フォード・エコスポーツ」登場。待望の新型車に見る、今日のフォードの「美点」と「強み」とは?

世界中で売れてます

2013年末から2014年前半にかけて、国内外でコンパクト・クロスオーバーの発売が相次いでいるのはご承知のとおりだ。フォード・エコスポーツもそのひとつである。

ここのところ、Bセグメントベースのクロスオーバーが激増しているのは、欧州市場でこのジャンルが数少ない右肩上がりのセグメントであることが大きい。しかも、この種のクルマは日本やアジア、南米ではそれ以前から根づいているし、巨大SUVの本場である北米でも小粋なパーソナルカーとして意外なほど売れている。つまり、このジャンルは世界中で売れる計算が立つ数少ない優良セグメントということである。

欧州でのBセグメント・クロスオーバーの草分けは、2003年に限定発売された「フォルクスワーゲン・ポロファン」だろう。その後06年には、フィアットもスズキからのOEMで「セディチ」を発売。08年にはトヨタが……と、ここまでは散発的な動きだったが、10年に「MINIカントリーマン(日本名:MINIクロスオーバー)」と「日産ジューク」が発売されたあたりから、欧州でコンパクト・クロスオーバーの増殖が一気に加速した。こうして見ると、このジャンルの確立に日本車の影響は小さくない。

欧州で昨年発売されたエコスポーツは、これらのなかでも後発の部類に入る。ちなみに、わが日本の「ホンダ・ヴェゼル」も、商品企画の当初から欧州やアジアでの販売を強く意識していたが、ふたを開けてみれば、北米からも引き合いがあるという。

「フォード・エコスポーツ」は「フォーカス」や「クーガ」などに続くフォードの世界戦略車。世界100カ国以上で販売されている。
「フォード・エコスポーツ」は「フォーカス」や「クーガ」などに続くフォードの世界戦略車。世界100カ国以上で販売されている。
インテリアはデザインだけでなく機能性も重視。全部で20カ所の収納スペースを確保しており、グローブボックスには空調の冷風で飲み物を冷やす機能も備わる。
インテリアはデザインだけでなく機能性も重視。全部で20カ所の収納スペースを確保しており、グローブボックスには空調の冷風で飲み物を冷やす機能も備わる。
オーディオやエアコンなどの操作には、最近はやりのタッチパネルではなくボタンとダイヤルを採用。また英語音声コントロール機能も備わる。
オーディオやエアコンなどの操作には、最近はやりのタッチパネルではなくボタンとダイヤルを採用。また英語音声コントロール機能も備わる。
ボディーカラーには、写真の「マーズレッドMe」を含む全5色が用意されている。
ボディーカラーには、写真の「マーズレッドMe」を含む全5色が用意されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エコスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
ホームへ戻る