ベーシックな「日産マーチ」にドレスアップ仕様

2014.05.19 自動車ニュース

「日産マーチ Sプラムインテリア」


    「日産マーチ Sプラムインテリア」

ベーシックな「日産マーチ」にドレスアップ仕様

日産自動車は、コンパクトカー「マーチ」の仕様を一部変更するとともに、新グレード「S PLUM interior(Sプラムインテリア)」を追加設定し、2014年5月19日に発売した。

今回追加されたSプラムインテリアは、最も廉価な「S」がベース。車名にもある通り、インテリアには「プラム」の内装色が採用され、ステアリングホイールやウィンドウスイッチベースなどの各所にシルバーフィニッシャーが配される。エクスエリアも、フロントバンパーロワグリルやアウトサイドドアハンドルがクロムメッキで飾られ、上質感が演出される。
Sでは一体型となっている後席の背もたれが6:4の分割可倒式である点も、Sプラムインテリアの特徴である。

価格は、Sより13万5000円高の127万2240円。

また、これと同時に、マーチ全車にVDCが搭載された。ボディーカラーも、新色の「カプリブルー」と「ブリリアントホワイトパール」を含む全9色のラインナップとなった。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る